2014年01月08日

やしきたかじん委員長 逝く H26.1.8

やしきたかじん委員長 逝く H26.1.8

 1月8日水曜日、やしきたかじんが亡くなったというニュースが目に飛び込んできた。1月3日に都内の病院で亡くなり、死因は心不全と書いてあった。さらに、既に近親者のみで密葬を済ませたということだ。

 余りに突然のことであった。

 「たかじんのそこまで言って委員会」を見ていても、療養中の様子は一切伝えられなかったが、復帰を目指して恢復の方向に向かっているような雰囲気ではあった。少なくとも容体が悪くなっているというような話はなかったので、恢復は順調なのかと思っていた。

 いくつかのネットの記事を見ても、少しずつ恢復に向かっていたように書いてある。

 ただし、ある記事には、関係者の話として、12月に入って突然体調が思わしくなくなったとあるが、詳細はわからない。

 余りに突然のことである。やしきたかじんは、いずれ「たかじんのそこまで言って委員会」に復帰するものとばかり思っていたので、この度の訃報は大変な驚きである。

 たかじんの冠番組は、今後も番組名にたかじんの名を残すらしい。しかし、「たかじんのそこまで言って委員会」は、もう二度とやしきたかじん委員長が登場することのない「たかじんのそこまで言って委員会」になってしまった。これは大変なショックである。


 やしきたかじん委員長は言っていた。この番組で自分がすることは二つだけ。

 軽いノイローゼのようにスタジオの中を行ったり来たりすること。

 最後はきちっとオトして帰ること。

 これが見られることはもうなくなってしまった。
 
 残念無念…

posted by ナカジー at 00:00 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

大阪国際裁判2013 たかじんの委員会 H25.8.18

大阪国際裁判2013 たかじんの委員会 H25.8.18

終戦の日特別企画 大阪国際裁判2013



★A級戦犯は無罪か有罪か

 まず、前提として、A級戦犯とは何か。VTRによれば、

A級戦犯 平和に対する罪
B級戦犯 一般的な戦争犯罪
C級戦犯 人道に対する罪

 A級云々というのは罪の程度を表すものではない。

 「平和に対する罪」「人道に対する罪」は、東京裁判の前に新たに定められた罪である。事後的に定められた罪刑をもって、遡ってそれ以前に行われた行為に適用して裁くことは法的に許されない。そんなことをすれば、過去の行為を何でもかんでも裁くことができるようになってしまうからである。この法理からすれば、A級・C級戦犯というのはそもそも成り立たない。

 これとは別に、戦勝国が敗戦国を裁く形の東京裁判は正当性や公平性が認められるのかという問題がある。その意味で茶番劇と捉えることができる。

 小林よしのりが言うように、東京裁判は不当な裁判であるが、判決は受け入れた、しかし、裁判そのものを受諾したわけではない、即ち東京裁判は不当であると日本は主張する。それでいいのではないか。

 安倍総理はこの夏も靖国神社参拝をしなかった。中国韓国に対する配慮である。しかし、そうなると安倍総理はいつ靖国参拝をできるのだろうか。日本の総理が靖国を参拝すれば、いずれにせよ中国韓国は騒ぐのである。そうであれば、その都度日本の主張を表明して靖国神社参拝をすればいいのではないか。安倍総理が参拝できなければ、その後の首相で参拝する人はいるのだろうかと心配になる。

 ところで、櫻井よしこが登場すると、司会だというのに櫻井よしこは喋り過ぎではないだろうか。





★原爆投下は無罪か有罪か

★竹島は日本の領土か韓国の領土か

プライド 運命の瞬間【DVD】







<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、加藤清隆、竹田恒泰

マックス・フォン・シュラー・小林
サニー・フランシス
ピーター・ジョーンズ
朴一
王暁東
フローラン・ダバディ
サンドラ・ヘフェリン
ナターシャ


<司会>
櫻井よしこ
山本浩之
タグ:東京裁判
posted by ナカジー at 17:12 | 日米関係・中国・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

お盆の大供養祭スペシャル たかじんの委員会 H25.8.11

お盆の大供養祭スペシャル たかじんの委員会 H25.8.11

 みんなの党の江田憲司議員は、この放送の出演依頼のときには幹事長であったが、解任され出演のときには前幹事長という肩書になった。

 その真相について質問があった。他党との協議に関しては代表に報告していたから、そこに問題があるとは思っていないとのこと。税金で賄われる政党助成金の使途について、政党の規模が大きくなってきたので、管理体制をきちんとすべきと提言したとのこと。

 今回は三人の議員に舛添元議員も加わり、自由に本音(に近い)発言をして活気があり、面白かった。


★参院選後の野党再編について

 与党の安定多数となり、独裁政権ともいえる状況になった今、野党はどうすべきなのか。野党がしっかりしないと健全な民主主義とはいえないとういう指摘。

 3年後に衆参同時選挙となる可能性があるので、そのときに向けて、野党の受け皿を今から整備しておくべきという意見があった。

 政策を同じくする者が集まって新党を結成するか、あるいは三党で連携するか。しかし、これは数合わせになってしまうので難しいという指摘。

 「保守」対「リベラル」という単純な構図ではくくれないという意見。

 脱原発か、原発推進か、消費税増税に賛成か反対か、TPPに賛成か反対かなど、国民の意見には二分している問題が多いという指摘。確かにその通りで、例えばこの度自民党が圧勝したからといって、自民党に票を入れた人が決して原発推進というわけではない。個々の政策の一致でまとまるとすると、小さな政党がいくつかあった方がいいということか。そうなると二大政党制はもう望まないことになる。

 ゲストの個々の意見はなるほどと思うが、結局野党の出直しがどうなるのか不透明であった。


★早く通すべき法案、葬るべき法案






<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、舛添要一、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
福山哲郎(民主党参議院議員)
江田憲司(みんなの党 前幹事長)
松野頼久(日本維新の会 国会議員団幹事長)


タグ:参院選
posted by ナカジー at 17:04 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

日本大再生スペシャル たかじんの委員会 H25.8.4

日本大再生スペシャル たかじんの委員会 H25.8.4

★原発再生 ゲスト 武田邦彦、飯田哲也



 原発廃止か原発再稼働か。ゲストの武田教授と飯田所長は原発廃止の立場。

 賛成、反対に分かれて議論がなされたわけだが、どうも問題が大きすぎてまとまるところがない。尤も、ヤマヒロ副委員長は議論を整理しようとしなくてもいい。最近、発言がてんでんばらばらになると、パネラーの誰かがヤマヒロ副委員長に整理を促す場面が見られるが、当方はそれが好きではない。ヤマヒロ副委員長は気にすることなく、盛り上がっているときは放っておけばいい。

 ただ、それはそれとして、今回せっかく武田教授を呼んでいるのだから、もっと武田教授の話を聞きたいところであった。

 保守系の論客にはどうやら原発再稼働を主張する人が多い。しかし、どうして原発にそんなにこだわるのか分からない。

 福島第一原発の事故を見て原発があんなにお粗末な作りであることを初めて知った。建屋の天井が吹き飛ぶとそこにはプールの水に浸された使用済核燃料がむき出しになっているのが見える。核燃料はもっと厳重に保管されているのかと思いきや、壁一枚であんなに無造作に置かれているなんて。あれでは普通の倉庫と変わりない。あれを見ただけでも、原発が実は大変危険なものであったことが分かるというものである。原発の危険性を今回の事故で初めて知らされたのである。

 福島第一原発の汚染水は地下水となって溜まり、今も海に流れ出ている。その対策は完全にはなし得ず、後手後手となっている。どこからどう流れているのか、その実態さえ把握されていない現状である。

 使用済核燃料の処分は、一万年も地中に保管しておかなければならない。一万年という気の遠くなるような先まで、安全に処理できる保証などどこにもない。よって受け入れ先もない。この一事をもってだけしても、原発は即刻停止という判断ができるはずである。

 今の人間が利益を蒙るために、そのツケを子々孫々に回していいのか、そんな自己中心的な精神文化は日本人にはないと武田教授は言っているのである。全く同感である。

 もし原発再稼働というなら武田教授の言うように東京にひとつ原発を作ってからにすればいい。どう考えてもそんなことができるわけがない。





★外交再生 ゲスト 宮家邦彦


★地方再生 ゲスト 安藤忠雄




★テレビドラマ再生 ゲスト 井上公造





<パネラー>
金美齢、津川雅彦、森本敏、桂ざこば、加藤清隆、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
安藤忠雄(建築家)
武田邦彦(元内閣府原子力安全委員会専門委員)
宮家邦彦(外交政策研究所代表)
井上公造(芸能ジャーナリスト)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)

タグ:原発事故
posted by ナカジー at 09:55 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

参院選大反省スペシャル たかじんの委員会 H25.7.28

参院選大反省スペシャル たかじんの委員会 H25.7.28



★野党の反省
★選挙報道の公平性と自主規制
★投票率が低すぎる

 参院選の投票率が低かった。特に20代30代の若者の投票率が極端に低い。どうすれば若い人たちの投票率を上げることができるのか。

 アイドル席に若いアイドルを持ってくればよかったのに。そして、参院選の投票に行ったかどうか訊けば良かった。行かなかったと言えば、その理由を聞いてみれば、珍妙な答えを聞けたかもしれない。初めは行くつもりはなかったけれど、この番組に出演が決まっていたから、今回初めて投票に行ったなんてこともあったかもしれない。

 ある程度顔の知れているアイドルならイメージの問題から選挙に行ってないというのはNGかもしれんが、売出し中でキャラ的にもOKのアイドルなら可愛ければ許されるしリアリティーがあって面白かったのではないか。

 若者が選挙に行かないのはシステムの問題ではないね。せっかくの日曜日にさあ何をして遊ぼうかというときに、選挙になんか行かない。その日の行動の選択肢にさえ入っていない。そんなところであろう。

これについては、成人になったら選挙に行かなければならないと、学校でしつこく教えるしかないと思う。社会科の授業で教えるだけでなく、学校の役割として校長以下全員で呼びかける。そもそも現在学校でそんなことをしていない。

 若者に選挙に行かない理由を聞けば、投票したいと思う候補者がいない、誰がいるのか分からない、誰が当選しても一緒、自分が投票しても何も変わらない、などと言うだろう。しかし、それはそうかもしれないが、それでも選挙には行かなければならない、そういうものだと教えるしかない。投票に値する魅力的な候補者がいないと思っても、とりあえず立候補している人の中から誰かを選ぶ。選挙とは元々そういうものである。そんなに立派な人がそうそういるものではない。


 選挙制度の「死に票」の問題が今回も言われていた。衆院選でも小選挙区制になれば死に票が増えることは初めから分かっていたのに、何故小選挙区制に変更されたのか。

 宮崎哲弥が、小選挙区制になってから投票率が高かったのは、小泉総理のときの郵政選挙と民主党が政権を取ったときだけ、つまり風が吹かなければ投票率は上がらないと指摘していた。

 二大政党制を前提とする小選挙区制では、一方に対する支持が盛り上がったときでなければ、国民は選挙に行こうとは思わないし、投票率は上がらないというものである。

 何回か選挙をして選挙制度の問題がクローズアップされてきた、「死に票」を少なくしてより民意を反映させるべきという世論に傾いてきているのかな。




<パネラー>
金美齢、津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、田万由子


<ゲスト>
松原仁(民主党)
中田宏(日本維新の会)
穀田恵二(日本共産党)


<司会>
山本浩之
橋本五郎 オブザーバー
posted by ナカジー at 16:41 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

そこまで暴露 あの国の真実SP たかじんの委員会 H25.7.14

そこまで暴露 あの国の真実SP たかじんの委員会 H25.7.14

そこまで暴露して委員会 あの国の真実スペシャル

★北朝鮮の真実 飯島勲(内閣官房参与)



 5月に北朝鮮を電撃訪問してナンバー2と会談した飯島勲内閣官房参与が訪朝後テレビ初出演。その番組が「たかじんのそこまで言って委員会」という訳だから、この番組はすごいというか不思議というか。北朝鮮ナンバー2と会談した人物がこういう番組に出ていることが不思議な感じである。しかし、「たかじんの委員会」だからこそであって、他の番組ではこうはいかない。

 安倍内閣のときに拉致問題を解決するという安倍首相の方針を受けての訪朝打診。飯島参与の人脈を通じての訪朝は、十年間閉ざされた道を誰かが開かねばならないということであったようだ。そして、訪朝に応じた北朝鮮には問題解決の意志があり、この先はトップレベルでの交渉が必要だという。

 交渉に使えるかもしれないカードがあと二つあるという。
 ひとつは、金ロイヤルファミリーとのパイプ。もうひとつは軍の幹部。

 交渉に当たっては次の条件を前提としている。これは小泉内閣のときと同じ。
 1.拉致被害者の帰還
 2.拉致事件の真相究明
 3.実行犯の引渡し

 監視社会の北朝鮮は、拉致被害者をすべて把握している。



★韓国の真実 金惠京(明治大学法学部助教)


涙と花札 韓流と日流のあいだで



★中国の真実 宮坂聰(フリージャーナリスト)


日中もし戦わば



★エジプトの真実 宮家邦彦(外交政策研究所代表)



<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
飯島勲(内閣官房参与)
宮家邦彦(外交政策研究所代表)
宮坂聰(フリージャーナリスト)
金惠京(明治大学法学部助教)


タグ:北朝鮮
posted by ナカジー at 10:00 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

現代のモンスター大撃退スペシャル たかじんの委員会 H25.7.7

現代のモンスター大撃退スペシャル たかじんの委員会 H25.7.7

日本人のモラル崩壊!?現代のモンスター大撃退スペシャル

  


★モンスターペアレンツ 岩渕信明(大谷大学文学部教授)

 元学校の先生だったらしい岩渕教授は慎重な態度であった。以下は当方の感想。
 
 思えば、昔は学校と教員はマスメディアによく叩かれていた。学校で何か問題が起こると、学校と教員が一方的に悪いように報じられていたものである。マスコミは初めから学校を叩くつもりで、実情はどうでもよかったのである。学校は権力とみなされ、マスコミお得意の権力叩きの標的となったわけである。しかし、最近はそんな偏った歪んだ報道は見られなくなったのは、結構なことである。

 学校の荒れた実情が知られるようになった頃、生徒はお店でいえばお客と一緒なのだから、お客に接すると同様に対応すべきという発言が、テレビ討論会などで特に経済界の経営者などからなされていた。経営者などは金を稼ぐのだから民間人が偉いと思っていた節がある。結局何も分かっていないのである。学校はサービスを提供するお店ではない。生徒はお店に来るお客ではない。

 このことは保護者をはじめみんなが知っておくべきである。そして何より学校の教員が知っておくべきである。学校の先生もそれが分かっていない人がいるのではないか。そこがはっきりしなかったら、保護者との対応ができないではないか。

 あとからモンスターカスタマーのところで出てきた関根さんが、モンスターペアレンツに関する議論が的外れ、親のクレームに対応する学校の先生の頭はアホと話かけたところで尻切れトンボになってしまったが、どう話が続くのか聞きたかった。番組後のインタヴュー動画で少し触れているけど。
 
 紹介されていた本は「なぜあの教師は保護者を怒らせるのか」。



★モンスターカスタマー 関根眞一(苦情・クレーム対応アドバイザー)





★モンスターペイシェント 森田豊(医療ジャーナリスト)



★モンスターラバー 大渕愛子(弁護士)



★モンスタータレント 井上公造(芸能ジャーナリスト)



<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、筆坂秀世、加藤清隆、江川達也、井上和彦、大渕愛子

<ゲスト>
岩渕信明(大谷大学文学部教授)
関根眞一(苦情・クレーム対応アドバイザー)
井上公造(芸能ジャーナリスト)
森田豊(医療ジャーナリスト)


posted by ナカジー at 17:15 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

アベノミクス第4の矢スペシャル たかじんの委員会 H25.6.30

アベノミクス第4の矢スペシャル たかじんの委員会 H25.6.30

 ゲストが多過ぎるのではないかな。安倍総理は主賓であるからたくさん話してもらわなければならない。そうなると他の党の皆さんはせっかく来てもらったけれども、一人頭の話す時間は少なくなってしまう。そうかと言って、生活の党や共産党を省くわけにはいかんのかもしれんが。

 これまでなら野党議員が政権与党の痛いところを突くという展開になったはずだが、安倍総理登場後は、どうも野党議員の主張に厳しさがない。アベノミクスの効果はまだこれからという状況だから、野党が批判しようとしても一般的な議論にならざるを得ない。

 やしき委員長が番組に復帰したところで安倍総理が出演するという段取りだったようだ。しかし、やしき委員長は再び休養で残念ながら不在。それにしても安倍総理は現職総理なのに、よくこの番組に出演する。何だか今回はお疲れのように見えたが、実際のところはどうなんだろうか。

 安倍政権が誕生してから政策の中心はずっとアベノミクスである。国民の最大の関心事は景気回復、経済政策なので。しかし、ずっとそればかりに力を注いでいたら、他の政策に手が回らなくなるということはないのか。

 例えば憲法改正はどうするのだろう。景気回復策が仮にさほどの効果を見せなくても、憲法改正は進めなければならない。景気回復云々とは別にとても重要な問題だと思うのだが。どちらかといえばそちらを焦点にした議論を聞きたい。


<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、加藤清隆、長谷川幸洋、宮崎哲弥、竹田恒泰、山口もえ


<ゲスト>
安倍晋三(内閣総理大臣)
原口一博(民主党衆議院議員)
村上史好(生活の党衆議院議員)
浅尾慶一郎(みんなの党衆議院議員)
中田宏(日本維新の会衆議院議員)
穀田恵二(日本共産党衆議院議員)


<司会>
橋本五郎
山本浩之


タグ:安倍総理
posted by ナカジー at 18:01 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

いるかいらないか判定委員会 たかじんの委員会 H25.6.23

いるかいらないか判定委員会 たかじんの委員会 H25.6.23

 今週は、「言って言って言って委員会」と同様、細かなネタをいろいろと論じる企画。

 参議院なんかいらない

 体罰やら男性専用車両やら風俗やらの問題は、それぞれ個々の事例により態様が異なるので一概にこうと決め付けにくい面がある。男性専用車両が何故いるのかと思えば痴漢冤罪を防ぐためとかで、通勤電車に乗らない自分には気がつかないことである。

 クールビズを政府が音頭を取って推進する様は確かにどこかピントがずれているような印象を受ける。ただ、スーツにネクタイという恰好は苦手なので、ネクタイをしなくても済む場が増えるのは有難い。そもそも日本のような多湿な気候で、どうしてネクタイをしなければならんのか。ネクタイをしなくても仕事に差し障りのない風潮にしてもらいたいものだ。


 先々週(H25.6.9)の放送テーマは、二択でいいんかい。週末は県外に出ていたので、戻ってきてから録画で視聴。

 先週(H25.6.16)の放送テーマは、日本版NSCについて。日曜だというのに昼から仕事のお客に会わなければならなかったので、帰宅後に録画で視聴。

 さて、たかじん委員長は番組復帰後から全力投球で、そんなに頑張って身体は大丈夫なのかと思っていたところ、体調を崩して再び休養に入っている。その後の様子はどうなのか、現在のところ全く知ることができない。

 辛坊副委員長はヨットで太平洋横断を目指していたが、ネットのニュース記事を見ると予期せぬ事故が発生したらしく6月21日朝に救助要請があり、その夜に海自救難隊により無事救助されたようだ。しばらくテレビ出演などは自粛し、休養するということも伝えられている。

 辛坊副委員長の代理を先週の放送から務めるのは、山本浩之副委員長。やまひろさんは関西では知られているらしく、面白そうな人である。司会はやまひろ副委員長が頼りである。




<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、筆坂秀世、長谷川幸洋、井上和彦、竹田恒泰、北川弘美

posted by ナカジー at 17:00 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

輝け!嘆きのオッサン大賞 たかじんの委員会 H25.6.2

輝け!嘆きのオッサン大賞 たかじんの委員会 H25.6.2

そこまで嘆いて委員会 輝け!嘆きのオッサン大賞

★橋下"慰安婦発言"問題 ケビン・メア

1.議論の本質から離れている(強制性の有無)
2.風俗活用発言はアメリカも沖縄の女性をも侮辱している
3.日韓よ、そろそろ歴史を乗り越えろ

RAA(特殊慰安施設協会)
日本の婦女子を守るため、終戦の三日後に内務省が設置を指示。東京・横浜・大阪・名古屋などの大都市をはじめ、熱海・箱根など保養地にも設置された。一説には、GHQからの要求があったとされる。



マイケル・ウォルツァー「正しい戦争と不正な戦争」



★結婚しない!できない!女たち 森川友義



1.「恋愛はご縁、自然とできる」と思うのは間違いだ
2.分不相応に「高望み」をしすぎだ
3.結婚できないのを「仕事や男」のせいにしてはいけない



★日本の北方領土問題交渉は期待はずれだ 木村三浩

1.安倍総理は日露首脳会談を北方領土で行うことをプーチンに提案すべきだった。
2.安倍訪露に同行した財界人たちは北方領土活性化プランを示すべきだった。
3.ロシアの不法占拠を認めない。北方領土への帰島運動を示すべきだった。



★政府の進める「クールジャパン」はクールじゃない 岸博幸

1.政府が勝手に「文化の範囲」を決めるな
2.政府が「カネ」を出すな
3.「JAPAN TOWN」なんていらない



★作家・百田尚樹の嘆き

「出版」は儲かれへんし大変なんやぁ


「夢を売る男」百田尚樹



<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、ケビン・メア、宮崎哲弥、竹田恒泰、北川弘美

<ゲスト>
森川友義(早稲田大学教授)
百田尚樹(作家)
木村三浩(一水会代表)
岸博幸(元経済産業省官僚)


副委員長補佐 八田亜矢子



posted by ナカジー at 16:51 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。