2012年01月29日

金正男告白本の著者登場 五味洋治 たかじんの委員会 H24.1.29

金正男告白本の著者登場 五味洋治 たかじんの委員会 H24.1.29


【送料無料】父・金正日と私 金正男独占告白 五味洋治著

★「父・金正日と私 金正男独占告白」

 金正男の告白本が出ていたとは知らなかった。そういえば、表紙はどこかで見たことがあるような気がする。

 本の広告を見ただけでは内容がどの程度のものなのか知ることはできないので、読んでみようという気にならないかもしれない。今日のように著者が出演して語っているのを見ると、この本について関心が強くなる。

 これまで金正男というと正体不明の印象だったが、意外に普通の人間と同じようなところがあるのか。

 金正男は北朝鮮経済の現状を外から客観的に見ていて、改革開放が必要だと考えているという。しかし、パネラー陣は指摘する。同じ独裁国家でも中国は指導部が定期的に交代するが、北朝鮮の場合は金王朝の世襲である。主体思想と先軍政治を掲げている限り、改革開放政策とは相容れない。





★「日本再生を妨げる売国経済論の正体」 上念司

 消費税増税とデフレ脱却についての議論。財政再建のためには何が必要か。

 増税だけではダメで、景気回復、経済成長が必要。
 消費税アップはいつかはしなければならない。景気回復、デフレ脱却というけど、これまでずっとそう言ってきて達成されていない。それを待っていたら、消費税アップはいつまで経ってもできないことになる。

 この問題についてはいつも同じことが焦点になる。どうやら日銀がお金の流通量を増やすしかないようだ。それなのに、日銀総裁はそれをしない。日銀は独立の権限を持っていて、国会の指示が及ばない。だから、日銀法を改正しなければならない、というのが結論のようである。


 日本は破産しない! 上念司






<パネラー>
三宅久之、桂ざこば、鴻池祥肇、花田紀凱、筆坂秀世、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ

<ゲスト>
五味洋治(東京新聞編集委員)
上念 司(経済評論家)



posted by ナカジー at 17:29 | 北朝鮮問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

万国討論会スペシャル 金慶珠ほか たかじんの委員会 H24.1.22

万国討論会スペシャル 金慶珠ほか たかじんの委員会 H24.1.22

最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌



 日本在住の外国人による討論会スペシャル。今日の「たかじんのそこまで言って委員会」は面白かった。

 パネラーの外国人は、いつものメンバーのほか初登場の人も何人か。インパクトがあったのは、何といっても初出演の金慶珠。

 韓国人で、肩書は東海大学准教授ということ以外は何も分からない。レギュラー陣で知っている人もいたようなので、たまにテレビにも出ているのだろうか。

 日本語がペラペラで、どんどんまくし立てる。余り日本語が上手なので在日韓国人かとも思ったが、番組後の「辛坊たまらん」を見ていたら、生まれも育ちも韓国だということだ。小さい頃に父親の仕事の関係で一時兵庫県にいたらしい。

 マシンガントークは韓国語だともっとまくしたてるらしく、今日は日本語なのでハンディがあると言っていた。ただ、本来は笑みを浮かべて穏やかに話すのだとか。

 調べてみたら著書がある。著者紹介を見ると、専攻は言語学と書いてある。

日韓の共通認識 金慶珠ほか


 松尾カニタが語っていた、中国によるメコン川流域の開発は今後問題が大きくなりそうである。中国は海軍力を増強して海洋進出を進めるだけでなく、東南アジア圏の経済にも勢力を伸ばしている。

 フィフィの話を聞くと、アフリカにも経済的に進出しているらしい。それぞれの国の人の話を聞くと、各国における事情がよく分かる。

 中国の海外における活動は日本も例外でなく、ペマ・ギャルポの指摘は気になるところ。


【送料無料】最終目標は天皇の処刑 ペマ・ギャルポ著





<パネラー>
ペマ・ギャルポ、ウベ・ワルタ、松尾カニタ、石平、ジェームス・スキナー
ダイアン吉日、金慶珠、フィフィ

三宅久之、田嶋陽子、所功、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥


posted by ナカジー at 17:25 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

緊急提言 2012年はたかじんの委員会が日本を変えますSP H24.1.8

緊急提言 2012年はたかじんの委員会が日本を変えますSP H24.1.8

 
レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか 村田晃嗣

 新春スペシャルとはいうものの昨年末収録である。たかじんが言うように「本当にテレビは嘘つき」。

 橋下徹大阪市長の声が嗄れている。選挙戦が終わってそんなに時間がたっていないことが分かる。市長就任前で、12月19日より以前ということらしい。

 2時間スペシャルでゲストが6人も登場。ゲストが登場しない回もあるので、少しずつ分けて出演してもらえばいいのではないかとも思う。


私たちは、原発を止めるには日本を変えなければならないと思っています。

 一番面白かったのはやはり橋下徹市長の「大阪都構想」。「たかじんの委員会」には、久々の出演である。橋下市長の話はいつも分かりやすい。一般的な政治家とはまったく異なるところである。

 三宅先生は一時橋下さんの政治手法について批判的な意見を述べていたが、今は全面的に支持することになったようだ。首長の政策を通すためには、議会の賛成多数が必要。そこで、議会議員選挙で自らが率いる「維新の会」の議員を擁立し、議会で多数派を形成するという方法。これについて、民主主義の趣旨に反するというような意見であった。

 しかし、話し合いばかりして何も決まらず、何も前進しないようなら、そんな政治制度は無駄である。そういう現状を打破するための改革である。それを既存のルールに則って行動しているのだから、あとは支持するかしないか有権者の判断に任されていることは間違いない。

 選挙で民意を問うというが、大抵の選挙はお決まりの恒例行事にすぎない。それを文字通り民意を問う選挙にしたのが、大阪W選挙であった。

 それにしても橋下さんのパワーはすごいなあ、というのが素直な感想。


愚直の信念 われ、身を賭して、国民に政治を奪還する 江田憲司




<パネラー>
三宅久之、田嶋陽子、桂ざこば、江田憲司、勝谷誠彦、宮崎哲弥、村田晃嗣、山口もえ

<ゲスト>
津川雅彦(俳優)
北芝 健(元警視庁刑事)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所長)
森田 豊(医療ジャーナリスト)
金村義明(野球解説者)
橋下 徹(大阪市長)


posted by ナカジー at 16:47 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。