2012年11月15日

怒れるおっさん大賞SP 百田尚樹 たかじんの委員会 H24.11.11

怒れるおっさん大賞SP 百田尚樹 たかじんの委員会 H24.11.11

 おっさんシリーズは前回で最後だと言っていたが、今回からはおっさんシリーズのシーズン2だと。なるはど。

永遠の0 (講談社文庫)



 今回のゲストで最も印象に残ったのは、百田尚樹。この番組初登場である。この人の存在は知らなかったが、有名な小説家らしい。そして、関西の番組「探偵! ナイトスクープ」のメイン構成作家ということだ。

 「探偵! ナイトスクープ」は当方の地域では放送されていないので見たことはないが、関西では人気の番組のようだ。

 百田尚樹の「怒り」の対象は、嘘をつく民主党。話の内容は勿論納得できるものであったが、それより今日は紹介されていた著書に強い関心を持った。

 「永遠の0 ゼロ」はベストセラーとなり、映画化もされて来年公開されるとか。零戦の搭乗者を描いているらしい。こういう本が話題になっていたことも知らず、いかに本を読むことから遠ざかっているかが分かる。情けないことである。


海賊とよばれた男 上



 そして最新作「海賊とよばれた男(上)(下)」。この本を読んだパネラーからも高い評価であった。出光興産の創業者を描いているということだ。かつて出光のガソリンスタンドは、学校や役所でもないのに国旗掲揚塔があり、国旗が翻っているというイメージがあり、好感を持っていた。

海賊とよばれた男(下)


 この二作は是非読んでみたい。こういう収穫を得られるところが、この番組のいいところでもある。





<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、筆坂秀世、加藤清隆、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山田玲奈

<ゲスト>
西村眞悟(元衆議院議員)
廣瀬満雄(パン職人)
ロバート・ゲラー(東京大学教授)
百田尚樹(作家)
タグ:百田尚樹
posted by ナカジー at 17:41 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。