2013年06月23日

いるかいらないか判定委員会 たかじんの委員会 H25.6.23

いるかいらないか判定委員会 たかじんの委員会 H25.6.23

 今週は、「言って言って言って委員会」と同様、細かなネタをいろいろと論じる企画。

 参議院なんかいらない

 体罰やら男性専用車両やら風俗やらの問題は、それぞれ個々の事例により態様が異なるので一概にこうと決め付けにくい面がある。男性専用車両が何故いるのかと思えば痴漢冤罪を防ぐためとかで、通勤電車に乗らない自分には気がつかないことである。

 クールビズを政府が音頭を取って推進する様は確かにどこかピントがずれているような印象を受ける。ただ、スーツにネクタイという恰好は苦手なので、ネクタイをしなくても済む場が増えるのは有難い。そもそも日本のような多湿な気候で、どうしてネクタイをしなければならんのか。ネクタイをしなくても仕事に差し障りのない風潮にしてもらいたいものだ。


 先々週(H25.6.9)の放送テーマは、二択でいいんかい。週末は県外に出ていたので、戻ってきてから録画で視聴。

 先週(H25.6.16)の放送テーマは、日本版NSCについて。日曜だというのに昼から仕事のお客に会わなければならなかったので、帰宅後に録画で視聴。

 さて、たかじん委員長は番組復帰後から全力投球で、そんなに頑張って身体は大丈夫なのかと思っていたところ、体調を崩して再び休養に入っている。その後の様子はどうなのか、現在のところ全く知ることができない。

 辛坊副委員長はヨットで太平洋横断を目指していたが、ネットのニュース記事を見ると予期せぬ事故が発生したらしく6月21日朝に救助要請があり、その夜に海自救難隊により無事救助されたようだ。しばらくテレビ出演などは自粛し、休養するということも伝えられている。

 辛坊副委員長の代理を先週の放送から務めるのは、山本浩之副委員長。やまひろさんは関西では知られているらしく、面白そうな人である。司会はやまひろ副委員長が頼りである。




<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、筆坂秀世、長谷川幸洋、井上和彦、竹田恒泰、北川弘美

posted by ナカジー at 17:00 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

輝け!嘆きのオッサン大賞 たかじんの委員会 H25.6.2

輝け!嘆きのオッサン大賞 たかじんの委員会 H25.6.2

そこまで嘆いて委員会 輝け!嘆きのオッサン大賞

★橋下"慰安婦発言"問題 ケビン・メア

1.議論の本質から離れている(強制性の有無)
2.風俗活用発言はアメリカも沖縄の女性をも侮辱している
3.日韓よ、そろそろ歴史を乗り越えろ

RAA(特殊慰安施設協会)
日本の婦女子を守るため、終戦の三日後に内務省が設置を指示。東京・横浜・大阪・名古屋などの大都市をはじめ、熱海・箱根など保養地にも設置された。一説には、GHQからの要求があったとされる。



マイケル・ウォルツァー「正しい戦争と不正な戦争」



★結婚しない!できない!女たち 森川友義



1.「恋愛はご縁、自然とできる」と思うのは間違いだ
2.分不相応に「高望み」をしすぎだ
3.結婚できないのを「仕事や男」のせいにしてはいけない



★日本の北方領土問題交渉は期待はずれだ 木村三浩

1.安倍総理は日露首脳会談を北方領土で行うことをプーチンに提案すべきだった。
2.安倍訪露に同行した財界人たちは北方領土活性化プランを示すべきだった。
3.ロシアの不法占拠を認めない。北方領土への帰島運動を示すべきだった。



★政府の進める「クールジャパン」はクールじゃない 岸博幸

1.政府が勝手に「文化の範囲」を決めるな
2.政府が「カネ」を出すな
3.「JAPAN TOWN」なんていらない



★作家・百田尚樹の嘆き

「出版」は儲かれへんし大変なんやぁ


「夢を売る男」百田尚樹



<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、ケビン・メア、宮崎哲弥、竹田恒泰、北川弘美

<ゲスト>
森川友義(早稲田大学教授)
百田尚樹(作家)
木村三浩(一水会代表)
岸博幸(元経済産業省官僚)


副委員長補佐 八田亜矢子



posted by ナカジー at 16:51 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。