2013年07月28日

参院選大反省スペシャル たかじんの委員会 H25.7.28

参院選大反省スペシャル たかじんの委員会 H25.7.28



★野党の反省
★選挙報道の公平性と自主規制
★投票率が低すぎる

 参院選の投票率が低かった。特に20代30代の若者の投票率が極端に低い。どうすれば若い人たちの投票率を上げることができるのか。

 アイドル席に若いアイドルを持ってくればよかったのに。そして、参院選の投票に行ったかどうか訊けば良かった。行かなかったと言えば、その理由を聞いてみれば、珍妙な答えを聞けたかもしれない。初めは行くつもりはなかったけれど、この番組に出演が決まっていたから、今回初めて投票に行ったなんてこともあったかもしれない。

 ある程度顔の知れているアイドルならイメージの問題から選挙に行ってないというのはNGかもしれんが、売出し中でキャラ的にもOKのアイドルなら可愛ければ許されるしリアリティーがあって面白かったのではないか。

 若者が選挙に行かないのはシステムの問題ではないね。せっかくの日曜日にさあ何をして遊ぼうかというときに、選挙になんか行かない。その日の行動の選択肢にさえ入っていない。そんなところであろう。

これについては、成人になったら選挙に行かなければならないと、学校でしつこく教えるしかないと思う。社会科の授業で教えるだけでなく、学校の役割として校長以下全員で呼びかける。そもそも現在学校でそんなことをしていない。

 若者に選挙に行かない理由を聞けば、投票したいと思う候補者がいない、誰がいるのか分からない、誰が当選しても一緒、自分が投票しても何も変わらない、などと言うだろう。しかし、それはそうかもしれないが、それでも選挙には行かなければならない、そういうものだと教えるしかない。投票に値する魅力的な候補者がいないと思っても、とりあえず立候補している人の中から誰かを選ぶ。選挙とは元々そういうものである。そんなに立派な人がそうそういるものではない。


 選挙制度の「死に票」の問題が今回も言われていた。衆院選でも小選挙区制になれば死に票が増えることは初めから分かっていたのに、何故小選挙区制に変更されたのか。

 宮崎哲弥が、小選挙区制になってから投票率が高かったのは、小泉総理のときの郵政選挙と民主党が政権を取ったときだけ、つまり風が吹かなければ投票率は上がらないと指摘していた。

 二大政党制を前提とする小選挙区制では、一方に対する支持が盛り上がったときでなければ、国民は選挙に行こうとは思わないし、投票率は上がらないというものである。

 何回か選挙をして選挙制度の問題がクローズアップされてきた、「死に票」を少なくしてより民意を反映させるべきという世論に傾いてきているのかな。




<パネラー>
金美齢、津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、田万由子


<ゲスト>
松原仁(民主党)
中田宏(日本維新の会)
穀田恵二(日本共産党)


<司会>
山本浩之
橋本五郎 オブザーバー
posted by ナカジー at 16:41 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

そこまで暴露 あの国の真実SP たかじんの委員会 H25.7.14

そこまで暴露 あの国の真実SP たかじんの委員会 H25.7.14

そこまで暴露して委員会 あの国の真実スペシャル

★北朝鮮の真実 飯島勲(内閣官房参与)



 5月に北朝鮮を電撃訪問してナンバー2と会談した飯島勲内閣官房参与が訪朝後テレビ初出演。その番組が「たかじんのそこまで言って委員会」という訳だから、この番組はすごいというか不思議というか。北朝鮮ナンバー2と会談した人物がこういう番組に出ていることが不思議な感じである。しかし、「たかじんの委員会」だからこそであって、他の番組ではこうはいかない。

 安倍内閣のときに拉致問題を解決するという安倍首相の方針を受けての訪朝打診。飯島参与の人脈を通じての訪朝は、十年間閉ざされた道を誰かが開かねばならないということであったようだ。そして、訪朝に応じた北朝鮮には問題解決の意志があり、この先はトップレベルでの交渉が必要だという。

 交渉に使えるかもしれないカードがあと二つあるという。
 ひとつは、金ロイヤルファミリーとのパイプ。もうひとつは軍の幹部。

 交渉に当たっては次の条件を前提としている。これは小泉内閣のときと同じ。
 1.拉致被害者の帰還
 2.拉致事件の真相究明
 3.実行犯の引渡し

 監視社会の北朝鮮は、拉致被害者をすべて把握している。



★韓国の真実 金惠京(明治大学法学部助教)


涙と花札 韓流と日流のあいだで



★中国の真実 宮坂聰(フリージャーナリスト)


日中もし戦わば



★エジプトの真実 宮家邦彦(外交政策研究所代表)



<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
飯島勲(内閣官房参与)
宮家邦彦(外交政策研究所代表)
宮坂聰(フリージャーナリスト)
金惠京(明治大学法学部助教)


タグ:北朝鮮
posted by ナカジー at 10:00 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

現代のモンスター大撃退スペシャル たかじんの委員会 H25.7.7

現代のモンスター大撃退スペシャル たかじんの委員会 H25.7.7

日本人のモラル崩壊!?現代のモンスター大撃退スペシャル

  


★モンスターペアレンツ 岩渕信明(大谷大学文学部教授)

 元学校の先生だったらしい岩渕教授は慎重な態度であった。以下は当方の感想。
 
 思えば、昔は学校と教員はマスメディアによく叩かれていた。学校で何か問題が起こると、学校と教員が一方的に悪いように報じられていたものである。マスコミは初めから学校を叩くつもりで、実情はどうでもよかったのである。学校は権力とみなされ、マスコミお得意の権力叩きの標的となったわけである。しかし、最近はそんな偏った歪んだ報道は見られなくなったのは、結構なことである。

 学校の荒れた実情が知られるようになった頃、生徒はお店でいえばお客と一緒なのだから、お客に接すると同様に対応すべきという発言が、テレビ討論会などで特に経済界の経営者などからなされていた。経営者などは金を稼ぐのだから民間人が偉いと思っていた節がある。結局何も分かっていないのである。学校はサービスを提供するお店ではない。生徒はお店に来るお客ではない。

 このことは保護者をはじめみんなが知っておくべきである。そして何より学校の教員が知っておくべきである。学校の先生もそれが分かっていない人がいるのではないか。そこがはっきりしなかったら、保護者との対応ができないではないか。

 あとからモンスターカスタマーのところで出てきた関根さんが、モンスターペアレンツに関する議論が的外れ、親のクレームに対応する学校の先生の頭はアホと話かけたところで尻切れトンボになってしまったが、どう話が続くのか聞きたかった。番組後のインタヴュー動画で少し触れているけど。
 
 紹介されていた本は「なぜあの教師は保護者を怒らせるのか」。



★モンスターカスタマー 関根眞一(苦情・クレーム対応アドバイザー)





★モンスターペイシェント 森田豊(医療ジャーナリスト)



★モンスターラバー 大渕愛子(弁護士)



★モンスタータレント 井上公造(芸能ジャーナリスト)



<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、筆坂秀世、加藤清隆、江川達也、井上和彦、大渕愛子

<ゲスト>
岩渕信明(大谷大学文学部教授)
関根眞一(苦情・クレーム対応アドバイザー)
井上公造(芸能ジャーナリスト)
森田豊(医療ジャーナリスト)


posted by ナカジー at 17:15 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

アベノミクス第4の矢スペシャル たかじんの委員会 H25.6.30

アベノミクス第4の矢スペシャル たかじんの委員会 H25.6.30

 ゲストが多過ぎるのではないかな。安倍総理は主賓であるからたくさん話してもらわなければならない。そうなると他の党の皆さんはせっかく来てもらったけれども、一人頭の話す時間は少なくなってしまう。そうかと言って、生活の党や共産党を省くわけにはいかんのかもしれんが。

 これまでなら野党議員が政権与党の痛いところを突くという展開になったはずだが、安倍総理登場後は、どうも野党議員の主張に厳しさがない。アベノミクスの効果はまだこれからという状況だから、野党が批判しようとしても一般的な議論にならざるを得ない。

 やしき委員長が番組に復帰したところで安倍総理が出演するという段取りだったようだ。しかし、やしき委員長は再び休養で残念ながら不在。それにしても安倍総理は現職総理なのに、よくこの番組に出演する。何だか今回はお疲れのように見えたが、実際のところはどうなんだろうか。

 安倍政権が誕生してから政策の中心はずっとアベノミクスである。国民の最大の関心事は景気回復、経済政策なので。しかし、ずっとそればかりに力を注いでいたら、他の政策に手が回らなくなるということはないのか。

 例えば憲法改正はどうするのだろう。景気回復策が仮にさほどの効果を見せなくても、憲法改正は進めなければならない。景気回復云々とは別にとても重要な問題だと思うのだが。どちらかといえばそちらを焦点にした議論を聞きたい。


<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、加藤清隆、長谷川幸洋、宮崎哲弥、竹田恒泰、山口もえ


<ゲスト>
安倍晋三(内閣総理大臣)
原口一博(民主党衆議院議員)
村上史好(生活の党衆議院議員)
浅尾慶一郎(みんなの党衆議院議員)
中田宏(日本維新の会衆議院議員)
穀田恵二(日本共産党衆議院議員)


<司会>
橋本五郎
山本浩之


タグ:安倍総理
posted by ナカジー at 18:01 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。