2013年08月18日

大阪国際裁判2013 たかじんの委員会 H25.8.18

大阪国際裁判2013 たかじんの委員会 H25.8.18

終戦の日特別企画 大阪国際裁判2013



★A級戦犯は無罪か有罪か

 まず、前提として、A級戦犯とは何か。VTRによれば、

A級戦犯 平和に対する罪
B級戦犯 一般的な戦争犯罪
C級戦犯 人道に対する罪

 A級云々というのは罪の程度を表すものではない。

 「平和に対する罪」「人道に対する罪」は、東京裁判の前に新たに定められた罪である。事後的に定められた罪刑をもって、遡ってそれ以前に行われた行為に適用して裁くことは法的に許されない。そんなことをすれば、過去の行為を何でもかんでも裁くことができるようになってしまうからである。この法理からすれば、A級・C級戦犯というのはそもそも成り立たない。

 これとは別に、戦勝国が敗戦国を裁く形の東京裁判は正当性や公平性が認められるのかという問題がある。その意味で茶番劇と捉えることができる。

 小林よしのりが言うように、東京裁判は不当な裁判であるが、判決は受け入れた、しかし、裁判そのものを受諾したわけではない、即ち東京裁判は不当であると日本は主張する。それでいいのではないか。

 安倍総理はこの夏も靖国神社参拝をしなかった。中国韓国に対する配慮である。しかし、そうなると安倍総理はいつ靖国参拝をできるのだろうか。日本の総理が靖国を参拝すれば、いずれにせよ中国韓国は騒ぐのである。そうであれば、その都度日本の主張を表明して靖国神社参拝をすればいいのではないか。安倍総理が参拝できなければ、その後の首相で参拝する人はいるのだろうかと心配になる。

 ところで、櫻井よしこが登場すると、司会だというのに櫻井よしこは喋り過ぎではないだろうか。





★原爆投下は無罪か有罪か

★竹島は日本の領土か韓国の領土か

プライド 運命の瞬間【DVD】







<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、加藤清隆、竹田恒泰

マックス・フォン・シュラー・小林
サニー・フランシス
ピーター・ジョーンズ
朴一
王暁東
フローラン・ダバディ
サンドラ・ヘフェリン
ナターシャ


<司会>
櫻井よしこ
山本浩之
タグ:東京裁判
posted by ナカジー at 17:12 | 日米関係・中国・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

お盆の大供養祭スペシャル たかじんの委員会 H25.8.11

お盆の大供養祭スペシャル たかじんの委員会 H25.8.11

 みんなの党の江田憲司議員は、この放送の出演依頼のときには幹事長であったが、解任され出演のときには前幹事長という肩書になった。

 その真相について質問があった。他党との協議に関しては代表に報告していたから、そこに問題があるとは思っていないとのこと。税金で賄われる政党助成金の使途について、政党の規模が大きくなってきたので、管理体制をきちんとすべきと提言したとのこと。

 今回は三人の議員に舛添元議員も加わり、自由に本音(に近い)発言をして活気があり、面白かった。


★参院選後の野党再編について

 与党の安定多数となり、独裁政権ともいえる状況になった今、野党はどうすべきなのか。野党がしっかりしないと健全な民主主義とはいえないとういう指摘。

 3年後に衆参同時選挙となる可能性があるので、そのときに向けて、野党の受け皿を今から整備しておくべきという意見があった。

 政策を同じくする者が集まって新党を結成するか、あるいは三党で連携するか。しかし、これは数合わせになってしまうので難しいという指摘。

 「保守」対「リベラル」という単純な構図ではくくれないという意見。

 脱原発か、原発推進か、消費税増税に賛成か反対か、TPPに賛成か反対かなど、国民の意見には二分している問題が多いという指摘。確かにその通りで、例えばこの度自民党が圧勝したからといって、自民党に票を入れた人が決して原発推進というわけではない。個々の政策の一致でまとまるとすると、小さな政党がいくつかあった方がいいということか。そうなると二大政党制はもう望まないことになる。

 ゲストの個々の意見はなるほどと思うが、結局野党の出直しがどうなるのか不透明であった。


★早く通すべき法案、葬るべき法案






<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、舛添要一、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
福山哲郎(民主党参議院議員)
江田憲司(みんなの党 前幹事長)
松野頼久(日本維新の会 国会議員団幹事長)


タグ:参院選
posted by ナカジー at 17:04 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

日本大再生スペシャル たかじんの委員会 H25.8.4

日本大再生スペシャル たかじんの委員会 H25.8.4

★原発再生 ゲスト 武田邦彦、飯田哲也



 原発廃止か原発再稼働か。ゲストの武田教授と飯田所長は原発廃止の立場。

 賛成、反対に分かれて議論がなされたわけだが、どうも問題が大きすぎてまとまるところがない。尤も、ヤマヒロ副委員長は議論を整理しようとしなくてもいい。最近、発言がてんでんばらばらになると、パネラーの誰かがヤマヒロ副委員長に整理を促す場面が見られるが、当方はそれが好きではない。ヤマヒロ副委員長は気にすることなく、盛り上がっているときは放っておけばいい。

 ただ、それはそれとして、今回せっかく武田教授を呼んでいるのだから、もっと武田教授の話を聞きたいところであった。

 保守系の論客にはどうやら原発再稼働を主張する人が多い。しかし、どうして原発にそんなにこだわるのか分からない。

 福島第一原発の事故を見て原発があんなにお粗末な作りであることを初めて知った。建屋の天井が吹き飛ぶとそこにはプールの水に浸された使用済核燃料がむき出しになっているのが見える。核燃料はもっと厳重に保管されているのかと思いきや、壁一枚であんなに無造作に置かれているなんて。あれでは普通の倉庫と変わりない。あれを見ただけでも、原発が実は大変危険なものであったことが分かるというものである。原発の危険性を今回の事故で初めて知らされたのである。

 福島第一原発の汚染水は地下水となって溜まり、今も海に流れ出ている。その対策は完全にはなし得ず、後手後手となっている。どこからどう流れているのか、その実態さえ把握されていない現状である。

 使用済核燃料の処分は、一万年も地中に保管しておかなければならない。一万年という気の遠くなるような先まで、安全に処理できる保証などどこにもない。よって受け入れ先もない。この一事をもってだけしても、原発は即刻停止という判断ができるはずである。

 今の人間が利益を蒙るために、そのツケを子々孫々に回していいのか、そんな自己中心的な精神文化は日本人にはないと武田教授は言っているのである。全く同感である。

 もし原発再稼働というなら武田教授の言うように東京にひとつ原発を作ってからにすればいい。どう考えてもそんなことができるわけがない。





★外交再生 ゲスト 宮家邦彦


★地方再生 ゲスト 安藤忠雄




★テレビドラマ再生 ゲスト 井上公造





<パネラー>
金美齢、津川雅彦、森本敏、桂ざこば、加藤清隆、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
安藤忠雄(建築家)
武田邦彦(元内閣府原子力安全委員会専門委員)
宮家邦彦(外交政策研究所代表)
井上公造(芸能ジャーナリスト)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)

タグ:原発事故
posted by ナカジー at 09:55 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。