2011年07月24日

テレビを考えるスペシャル たかじんの委員会 H23.7.24

テレビを考えるスペシャル たかじんの委員会 H23.7.24

テレビは今のままで委員会 地デジ完全移行記念 きれいな画面でテレビを考えるスペシャル


TVメディアの興亡 デジタル革命と多チャンネル時代 辛坊治郎

 地デジ完全移行がなされた日に放送された今回の「たかじんのそこまで言って委員会」

 番組冒頭で、辛坊治郎が地デジ完全移行は早すぎたのではないかと言っていた。おそらく地デジ対応が済んでなくて、この時間にテレビが見られない家庭が相当数あるのではないかという。
 自民党政権のままなら地デジ移行は延期されたのではないかという。どうやら地デジ移行は延期されるという予測がかなりあったようだ。そんなことが予想されていたとは全く知らなかった。

 VTRの中に昔の映像がところどころ流れていた。勝谷誠彦のところでは昔懐かしい「11PM」が。私も何回か勝谷誠彦が言っていたのと同じようにして見た。共感。


【送料無料選択可!】【試聴できます!】11PMのテーマ / サントラ

 地方に住んでいるので、「たかじんnoばぁ?」は見たことがない。最近テレビは面白くないので、ビデオで「たかじんnoばぁ?」を見てみたいと思っているいのだが、まだ果たしていない。

 たかじんnoばぁ?

 山口もえは、「8時だヨ!全員集合」が楽しみだったとか。私も「8時だヨ!全員集合」はよく見た。子供の頃、地元に公開収録に来たことがあって見に行った。

 8時だヨ!全員集合

 ちなみに今回の内容とは関係ないが、「水戸黄門」も今シリーズで終わるようだ。確かに最近の「水戸黄門」は面白くない。かつては面白かったのに、どうなってしまったのだろう。

 メディアの中で、当初テレビは地位が低かった。テレビの地位が上がるにつれて、自己規制が厳しくなってテレビがつまらなくなってきているという。テレビ放送開始から58年。成長期はテレビ業界は熱かったが、今は成熟期で当たり障りのないものになりつつあるということだ。

 電波利権 池田信夫



<パネラー>
三宅久之、田原総一朗、田嶋陽子、桂ざこば、池田信夫、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ


posted by ナカジー at 17:09 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。