2011年08月01日

世の中の力大究明スペシャル たかじんの委員会 H23.7.31

世の中の力大究明スペシャル たかじんの委員会 H23.7.31

★電力行政について ゲスト 古賀茂明

 日本中枢の崩壊 古賀茂明

 電力行政について、現役の経産省官僚である古賀茂明さんが説明。
 古賀さんは政府の公務員制度改革本部に出向していたが、民主党政府が公務員制度改革をする気がなくなって、経産省に戻らされたところ窓際に追いやられてしまい、今もその状態が続いているということらしい。官僚組織の内部を証言した著書がベストセラーになっているとか。

 経産省は電力会社に頭が上がらないようである。東電は地域の経済に大きな影響を及ぼしているので、その結果として経産省も政治家も東電のいうことを聞かざるを得ない状況になっている。

 日本の電力料金は何故高いか。電力会社の利益はコストに一定の割合を掛けたものが利益になる。だから、コストが高い方が利益があがる。電力会社に納品する地域の企業は、電力会社が高く買ってくれるので助かる。量も質もいい買い物をしてくれる。だから電力会社には逆らわない。利益が上がると税収も増えるので、役所も歓迎する。

 発送電分離にすると発電のところで新規参入や競争が促される。今は発送電一体で電力会社が経営しているので、送電料を高くしたりして発電の新規参入を防御している。

 しかし、現状では発送電分離政策が採用される様子はないと古賀さんは言っていた。門外漢には知りえないところなので、勉強になった。

 官僚の責任 古賀茂明



★福島原発行動隊 ゲスト 山田恭暉さんと大阪の隊員

 福島原発の処理に当たっては、「未来のある若い人よりも、引退した年寄りが被曝した方がいい」ということで結成されたのが、福島原発行動隊。60歳以上でないと入隊できない。その趣旨に賛同する。



★菅総理の怪しい献金疑惑 ゲスト 須田慎一郎

 菅総理の資金管理団体から、北朝鮮とのつながりが深いと目される政治団体「市民の党」に政治献金が流れているという疑惑。

 産経新聞が詳しく報じ、読売が最近報じるようになったが、他の新聞は全く報じていないという。こういう問題が起こっていることを初めて知った。

 菅総理は何やかやと問題の多い人である。やはり民主党に政権を取らせてはいけないということが良く分かった。



★女性の力 ゲスト 森山明宏
 どこだったかの神社で福男を決める神事があるが、それと関連づけた説明が面白かった。



<パネラー>
三宅久之、武田邦彦、桂ざこば、勝谷誠彦、岸博幸、宮崎哲弥、村田晃嗣、田万由子

<ゲスト>
古賀茂明(経済産業省大臣官房付)
山田恭暉(福島原発行動隊)
森山明宏(済生会中津病院産婦人科部長)
須田慎一郎(経済ジャーナリスト)
posted by ナカジー at 17:57 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。