2011年10月16日

政−1グランプリ2011 たかじんの委員会 H23.10.16

政−1グランプリ2011 たかじんの委員会 H23.10.16


【送料無料】WiLL (マンスリーウィル) 2011年 11月号 [雑誌]

 各政党代表クラスのメンバーが一同に会して、パネラーの質問を元に意見を闘わせ合う。

 復興増税については反対を表明する議員が多かった。賛成は公明党だけ。でも第三次補正予算を通すために、民主党と自民党は賛成するはずなのに、この場で反対するのは個人的な意見だろうか。

 この番組放送の後、私の地元では「たかじんNOマネー」を放送していて、復興増税やTPPなど経済について論じていた。そちらの議論に登場していたのは、三橋貴明という人。異端の経済学者ということらしい。議論が面白かったので、著書も読んでみたいと思った。


世界でいちばん!日本経済の実力 三橋貴明


国民の教養 経済と国家がわかる 三橋貴明


 復興増税はその後の増税のために国民を慣れさせる財務省の底意があるとかで、増税をしなくても埋蔵金や復興公債で対応すべきという意見が多かった。デフレの状態で増税すれば、経済が落ち込んで税収は上がらない。だとすれば何のための増税か分からないわけだが、それでも復興増税は進められていくのだろうか。


 宮崎哲弥が質問していたのは、人権問題救済法案とかいう法案が近いうちに国会上程されること。まず、法案の「人権」の定義が曖昧である。さらに人権問題を救済するための「人権委員会」なる組織が設置され、裁判所や警察からも独立した権限を持つのは問題があるという意見であった。この問題も初耳である。注意が必要。




孫文 その指導者の資質 舛添要一




<パネラー>
三宅久之、田嶋陽子、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥

<ゲスト>
原口一博(民主党 元総務大臣)
塩崎恭久(自民党 元官房長官)
斉藤鉄夫(公明党 幹事長代行)
穀田恵二(日本共産党 国対委員長)
江田憲司(みんなの党 幹事長)
亀井亜紀子(国民新党 政調会長)
片山虎之助(たちあがれ日本 参議院幹事長)
舛添要一(新党改革 代表)

posted by ナカジー at 17:24 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。