2012年01月29日

金正男告白本の著者登場 五味洋治 たかじんの委員会 H24.1.29

金正男告白本の著者登場 五味洋治 たかじんの委員会 H24.1.29


【送料無料】父・金正日と私 金正男独占告白 五味洋治著

★「父・金正日と私 金正男独占告白」

 金正男の告白本が出ていたとは知らなかった。そういえば、表紙はどこかで見たことがあるような気がする。

 本の広告を見ただけでは内容がどの程度のものなのか知ることはできないので、読んでみようという気にならないかもしれない。今日のように著者が出演して語っているのを見ると、この本について関心が強くなる。

 これまで金正男というと正体不明の印象だったが、意外に普通の人間と同じようなところがあるのか。

 金正男は北朝鮮経済の現状を外から客観的に見ていて、改革開放が必要だと考えているという。しかし、パネラー陣は指摘する。同じ独裁国家でも中国は指導部が定期的に交代するが、北朝鮮の場合は金王朝の世襲である。主体思想と先軍政治を掲げている限り、改革開放政策とは相容れない。





★「日本再生を妨げる売国経済論の正体」 上念司

 消費税増税とデフレ脱却についての議論。財政再建のためには何が必要か。

 増税だけではダメで、景気回復、経済成長が必要。
 消費税アップはいつかはしなければならない。景気回復、デフレ脱却というけど、これまでずっとそう言ってきて達成されていない。それを待っていたら、消費税アップはいつまで経ってもできないことになる。

 この問題についてはいつも同じことが焦点になる。どうやら日銀がお金の流通量を増やすしかないようだ。それなのに、日銀総裁はそれをしない。日銀は独立の権限を持っていて、国会の指示が及ばない。だから、日銀法を改正しなければならない、というのが結論のようである。


 日本は破産しない! 上念司






<パネラー>
三宅久之、桂ざこば、鴻池祥肇、花田紀凱、筆坂秀世、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ

<ゲスト>
五味洋治(東京新聞編集委員)
上念 司(経済評論家)



posted by ナカジー at 17:29 | 北朝鮮問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。