2012年02月13日

日本の危機管理を考えるSP たかじんの委員会 H24.2.12

日本の危機管理を考えるSP たかじんの委員会 H24.2.12

 今回の放送からやしきたかじん委員長が病気治療のため休養。番組はできるだろうけど、その影響はいかに。

【送料無料】北朝鮮と戦わば

★防衛問題

 防衛大臣は重要なポストだと思うので、やはり国防によく通じた人を配置してもらいたい。適当と言っては失礼かもしれないが、誰を置いても同じと判断されているようなポストでは困る。そういう気配が感じられるところに、内閣の国防に対する姿勢が表れている。

 中国人が、きれいな水を求めて日本国内の水源地を買い漁っていることは聞いていたが、同様の事態が米軍や自衛隊の基地周辺でも起こっているらしい。国防の要である基地周辺の土地が、中国人など外国人の所有になってはまずいだろう。どうしてそんなことを易々と許してしまうのかと思う。
 土地の売買は基本的に自由なので、これを規制しようとすると、法律だとか何だとかまた面倒な事態が起きてきて、後手後手になるのだろう。でも、そんなことを言っている場合ではない。


【送料無料】〈図解〉萌える自衛隊国民のための防衛白書


★地震予知
 4年以内に首都圏で巨大地震が起きる確率は70パーセントと最近報道されていた。しかし、これは学者個人の見解であって、東大地震研究所の見解ではないという。何とも分かりにくいことである。しかも反響が大きかったせいなのか、大分下方修正された見解に変わっているらしい。
 結論からいうと、地震がいつ起きるかは分からない、起きたときのための備えをしておくということになるようだ。


【送料無料選択可!】緊急警告いま注意すべき大地震 地殻・マグマ・噴火からの日本総点検 (青春...




<パネラー>
三宅久之、志方俊之、田嶋陽子、飯島勲、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥、夏川 純

<ゲスト>
木村政昭(琉球大学名誉教授)
ロバート・ゲラー(東京大学教授)
井上和彦(軍事ジャーナリスト)



posted by ナカジー at 06:54 | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。