2012年04月01日

日本の報道は正しいのか 徹底討論SP たかじんの委員会 H24.4.1

日本の報道は正しいのか 徹底討論SP たかじんの委員会 H24.4.1

 最近「たかじんのそこまで言って委員会」が余り面白くなくなってきたと感じている。番組が面白くなくなってきたのか、それとも自分の感受性が鈍ってきたのか。この番組がつまらなくなったらもう見る番組はない。でも、今回の放送は良かったと思う。




★3.11一周年の報道について

 大震災一周年はテレビ各局が特別番組を組んでいた。どれも特別に面白そうという感じがせず、ほとんど見ていない。ニュースはいつも見るので、その中の震災関連内容を見ただけである。

 テレビ局の自主規制が働いて、原発に関する討論番組みたいな企画は敬遠された、というようなことを古賀茂明が指摘していた。確かにどの番組も似たり寄ったり、物議を醸すような企画ではなかった。だから面白そうではなかった。
 ある種の圧力とか、自主規制とか、事なかれ体質とか、そういったものが報道機関にはつきまとっているようだ。

 福島原発の近くに迫って取材した報道がないことに対する指摘が複数あった。そのせいもあるのか原発事故に関する報道は今でも何だかすっきりしない。

 ところで今回は「報道」がテーマだが、原発災害の現状はどうなっているのか、辛坊治郎も言っていたようにこの番組で取り上げてもらいたいところだ。政府の言うことは信用できないので、そこまで言って委員会だけが頼りである。


【送料無料】原発の深い闇 古賀茂明 一ノ宮美成



★記者クラブと排他的体質について

 記者クラブの問題について複数のパネラーが指摘していた。役所が記者クラブをうまく利用しているとする古賀茂明の指摘に対して、三宅先生が反論していた。私などは成程そういう面もあるのかと思ったのだが。

 それぞれ自分が経てきた立場から議論しているのだから、意見が合わないことは当然ともいえ、それが前提なら相手の意見にも耳を傾ければいい。十年一昔というので、手島龍一が提案していたように、三宅先生ももう一度記者クラブに参加して様子を見てくればいいかも。


★世論調査について

 内閣支持率の世論調査をニュースで見るたびに、馬鹿げていると思ってしまう。支持とか不支持と言ったってその度合いが分からない。強烈に支持しても支持に1ポイント、ただ何となく支持しても支持に1ポイントである。しかもその理由が自由に話してもらったものではなく予め用意されている選択肢からの回答である。「他の内閣より良さそうだから」? 何のこっちゃ。






<パネラー>
三宅久之、田嶋陽子、桂ざこば、手島龍一、古賀茂明、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ


<インタビュー取材>
田原総一朗
田崎史郎
長谷川幸洋
デーブ・スペクター
森達也



posted by ナカジー at 16:50 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。