2012年04月22日

騒動の当事者大集合 日本の未来は たかじんの委員会 H24.4.22

騒動の当事者大集合 日本の未来は たかじんの委員会 H24.4.22

あちらこちらで空中分解? 騒動の当事者大集合 日本の未来は大丈夫かスペシャル

 今日の「たかじんのそこまで言って委員会」は面白かった。騒動の当事者大集合ということだが、猪瀬直樹東京都副知事の出演が大きかった。民主党の萩原議員は、消費税問題の対立で辞表を党に提出した小沢グループの一員ということだが、発言機会が少ないままあっけなく退場してしまった印象。



日本を守りたい日本人の反撃 田母神俊雄/一色正春

★石原知事が尖閣諸島を都が購入すると表明した問題
 
 猪瀬直樹東京都副知事の口から直接話を聞くことができた。これが、この番組のいいところ。そうか言われてみれば、小笠原諸島は東京都。硫黄島も東京都ということだ。東京都は遠く離れた島を調査、管理する実績を持っている。それを聞くだけでも、都が尖閣諸島を所有することへの違和感は少なくなる。

 猪瀬副知事は言う。現地の自治体は国から地方交付税を受けている立場なので、国に対して強く言えない。その点、東京都は地方交付税を受けていないし、現在の知事は貫録があるので、国が異議を唱えてきたらどこが問題なのか訊き返すことができる。

 現在の所有者は、国を守る気概がない民主党政権に尖閣諸島を譲る気持ちはないという。確かに、民主党政府のときに国の所有になっても安心はできない。仮に過渡的な対応だとしても、東京都が所有することになれば、個人の所有より安定した状態になる。

 副知事が言っていたように、購入費用の一部を国民の募金で賄うのはいい方法だ。いつまでも国が放置しておくからいけないわけだが、石原知事が元気なうちに解決してもらいたいものだ。

 それにしても朝日新聞がまたも頓珍漢な社説を載せていたという。こういう情報を得られるのも、この番組ならではである。



 マンガ金正恩入門

★北朝鮮のミサイル発射失敗
 
 北朝鮮のミサイル発射失敗については、テレビニュースに出てくる解説者は、北朝鮮の体制にとって大きな問題にならないという見方をしていた。ところが、李英和教授はそれらと全然異なる見方をしており、斬新に聞こえた。

 これから内部の権力闘争が始まるらしい。これはミサイルの発射が成功しても失敗しても予定のことであると。
中国にとって北朝鮮はもともとお荷物で、もう面倒を見ていられない。また、金正恩のあとは世襲体制が続かず、韓国による統一の方向に進む。



★第三極

 石原知事の動きには、橋本大阪市長と連携しての新党構想が見え隠れする。辛坊さんのこの質問に、猪瀬知事は見え隠れすると答えていた。さて、石原都知事の真意は。


財務省のマインドコントロール 江田憲司




<パネラー>
三宅久之、田嶋陽子、桂ざこば、江田憲司、ロバート・キャンベル、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ

<ゲスト>
猪瀬直樹(東京都副知事)
李英和(関西大学経済学部教授)
一色正春(元海上保安官)
萩原仁(民主党衆議院議員)

posted by ナカジー at 16:24 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。