2013年02月25日

日本の大反撃 鈴木宗男 たかじんの委員会 H25.2.24

試される安倍政権 日本の大反撃SP たかじんの委員会 H25.2.24

北朝鮮、韓国、中国、ロシアの暴挙 試される安倍政権 日本の大反撃スペシャル

★北朝鮮

 北朝鮮の生殺与奪を握っているのは中国。北朝鮮貿易の7割は中国が占めている。だから、中国が本気になれば北朝鮮は変わるという宮崎哲弥の指摘。

 出演者はその他アメリカ、ロシア、モンゴルとの協力の必要性を述べ、とにかく外国頼みであるようだ。

 北朝鮮が日本に望むのは賠償金に代わる巨額の戦後補償金で、これが拉致問題交渉のポイントとなるという。北側の拉致問題に応じようとする勢力と接触を求めなければならない。





★韓国

日韓紛争解決交換公文(1965年)
 両国政府は、別段の合意がある場合を除くほか、両国間の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとし、これにより解決することができなかった場合は、両国政府が合意する手続に従い、調停によって解決を図るものとする。

 この文書に「竹島」と特定することを韓国側が嫌った経緯がある。その事実に基づいて交渉すべきと鈴木宗男はいう。





★中国

日中漁業協定(1997年締結、2000年発効)
 日本の排他的経済水域(EEZ)内で、北緯27度以南の尖閣諸島周辺海域は、暫定措置水域として両国が自由に操業できる上、他方の漁民を取り締まってはいけないという中国側に有利な条文になっている。

 2月19日と言っていたか、尖閣海域で日本の漁船が1時間半にわたって中国の公船に追い回され50メートルの距離まで近づかれたとか。日本の巡視船が間に割って入って事なきを得た。この漁船は番組のDVD企画で井上和彦、勝谷誠彦を乗せて尖閣諸島に向かった船で、その前に田母上閣下を乗せたこともあるらしい。このときはチェコの取材陣を乗せていたという。こんなことが起きているなんて、この番組でしか知ることができない。




★ロシア

 4月から5月にかけて首脳会談などの動きがあると鈴木宗男はいう。









<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、長谷川幸洋、加藤清隆、勝谷誠彦、宮崎哲弥、内藤聡子

<ゲスト>
鈴木宗男(新党大地代表 元衆議院議員 当選8回)
 2012年4月に刑期を満了しているが、5年間は公民権を停止されており(2017年4月まで)、新党大地代表でありながら選挙活動ができない状態である。ちなみに、ロシア・アフリカの利権疑惑が大々的に報じられたが、それらで立件されたことはない。

高英起(デイリーNK東京支局長)
井上和彦(軍事ジャーナリスト)



タグ:鈴木宗男
posted by ナカジー at 08:52 | 日米関係・中国・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。