2013年03月03日

今そこにある危機スペシャル たかじんの委員会 H25.3.3

今そこにある危機スペシャル たかじんの委員会 H25.3.3

★日本のインフラの危機

 地方の土建・建設業界が疲弊しているという問題。これまでの公共事業の減少により、仕事が減り人員も削減されている。例えば当方の地域でも除雪は地元の土建業者が請け負うのだが、機械や人手が少なくなっていてまとまった降雪のときはやりくりが間に合わないと聞く。

 道路や橋の老朽化による補修の問題が急にクローズアップされてきた気がする。今後大規模な補修が必要になるのに、資金も足りないし、建設業者も不足しているとは。その問題はこれまで先送りされてきたということだろうか。

 目先の箱物造りではない、長い目で見て必要になる公共事業もあるということ。

 ただし、単年度予算による予算を使い切るための無駄な工事も未だに行われている。

 一方で人手不足といってみたり、他方で就職難といってみたり、若者の仕事に関するミスマッチもある。



★痴漢冤罪の危機


それでもボクはやってない スペシャル・エディション [ 加瀬亮 ]

 痴漢事件のような裁判こそ裁判員制度を導入すればどうかという提案については、件数が多過ぎて裁判にすると対応し切れないという岡野弁護士の指摘であった。

 痴漢冤罪についてはやってないものはやってないというしかない。


お父さんはやってない [ 矢田部孝司 ]



★日本の報道の危機

 確かに福島第一原発事故のときは良く分からない政府の発表を聞くばかりで、危険なのか危険でないのか、本当のところはどうなっているのか分からない状態が続いていた。

 記者クラブ制度の自由化というのは、報道がテーマのときはいつも出てくる話。
 記者クラブを自由化するところがあると、そこに出入りできる特権を持っていた大手メディアがとたんにバッシングを始める。そのくせ土建屋の談合だの官僚の天下りだのと他の業界を叩くという勝谷誠彦の指摘。


あっぱれ!懲りない朝日新聞(笑) [ 勝谷誠彦 ]


★オリンピックの危機


★脳卒中の危機




<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、長谷川幸洋、加藤清隆、勝谷誠彦、宮崎哲弥、黒宮ニイナ

<ゲスト>
中山成彬(元国土交通大臣、衆議院議員)
森田豊(医療ジャーナリスト)
川合俊一(元バレーボール五輪代表選手)
岡野武志(アトム法律事務所代表)

posted by ナカジー at 16:32 | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。