2013年08月11日

お盆の大供養祭スペシャル たかじんの委員会 H25.8.11

お盆の大供養祭スペシャル たかじんの委員会 H25.8.11

 みんなの党の江田憲司議員は、この放送の出演依頼のときには幹事長であったが、解任され出演のときには前幹事長という肩書になった。

 その真相について質問があった。他党との協議に関しては代表に報告していたから、そこに問題があるとは思っていないとのこと。税金で賄われる政党助成金の使途について、政党の規模が大きくなってきたので、管理体制をきちんとすべきと提言したとのこと。

 今回は三人の議員に舛添元議員も加わり、自由に本音(に近い)発言をして活気があり、面白かった。


★参院選後の野党再編について

 与党の安定多数となり、独裁政権ともいえる状況になった今、野党はどうすべきなのか。野党がしっかりしないと健全な民主主義とはいえないとういう指摘。

 3年後に衆参同時選挙となる可能性があるので、そのときに向けて、野党の受け皿を今から整備しておくべきという意見があった。

 政策を同じくする者が集まって新党を結成するか、あるいは三党で連携するか。しかし、これは数合わせになってしまうので難しいという指摘。

 「保守」対「リベラル」という単純な構図ではくくれないという意見。

 脱原発か、原発推進か、消費税増税に賛成か反対か、TPPに賛成か反対かなど、国民の意見には二分している問題が多いという指摘。確かにその通りで、例えばこの度自民党が圧勝したからといって、自民党に票を入れた人が決して原発推進というわけではない。個々の政策の一致でまとまるとすると、小さな政党がいくつかあった方がいいということか。そうなると二大政党制はもう望まないことになる。

 ゲストの個々の意見はなるほどと思うが、結局野党の出直しがどうなるのか不透明であった。


★早く通すべき法案、葬るべき法案






<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、舛添要一、加藤清隆、宮崎哲弥、井上和彦、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
福山哲郎(民主党参議院議員)
江田憲司(みんなの党 前幹事長)
松野頼久(日本維新の会 国会議員団幹事長)


タグ:参院選
posted by ナカジー at 17:04 | 政治・自民党・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。