2013年08月18日

大阪国際裁判2013 たかじんの委員会 H25.8.18

大阪国際裁判2013 たかじんの委員会 H25.8.18

終戦の日特別企画 大阪国際裁判2013



★A級戦犯は無罪か有罪か

 まず、前提として、A級戦犯とは何か。VTRによれば、

A級戦犯 平和に対する罪
B級戦犯 一般的な戦争犯罪
C級戦犯 人道に対する罪

 A級云々というのは罪の程度を表すものではない。

 「平和に対する罪」「人道に対する罪」は、東京裁判の前に新たに定められた罪である。事後的に定められた罪刑をもって、遡ってそれ以前に行われた行為に適用して裁くことは法的に許されない。そんなことをすれば、過去の行為を何でもかんでも裁くことができるようになってしまうからである。この法理からすれば、A級・C級戦犯というのはそもそも成り立たない。

 これとは別に、戦勝国が敗戦国を裁く形の東京裁判は正当性や公平性が認められるのかという問題がある。その意味で茶番劇と捉えることができる。

 小林よしのりが言うように、東京裁判は不当な裁判であるが、判決は受け入れた、しかし、裁判そのものを受諾したわけではない、即ち東京裁判は不当であると日本は主張する。それでいいのではないか。

 安倍総理はこの夏も靖国神社参拝をしなかった。中国韓国に対する配慮である。しかし、そうなると安倍総理はいつ靖国参拝をできるのだろうか。日本の総理が靖国を参拝すれば、いずれにせよ中国韓国は騒ぐのである。そうであれば、その都度日本の主張を表明して靖国神社参拝をすればいいのではないか。安倍総理が参拝できなければ、その後の首相で参拝する人はいるのだろうかと心配になる。

 ところで、櫻井よしこが登場すると、司会だというのに櫻井よしこは喋り過ぎではないだろうか。





★原爆投下は無罪か有罪か

★竹島は日本の領土か韓国の領土か

プライド 運命の瞬間【DVD】







<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、加藤清隆、竹田恒泰

マックス・フォン・シュラー・小林
サニー・フランシス
ピーター・ジョーンズ
朴一
王暁東
フローラン・ダバディ
サンドラ・ヘフェリン
ナターシャ


<司会>
櫻井よしこ
山本浩之
タグ:東京裁判
posted by ナカジー at 17:12 | 日米関係・中国・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。