2013年02月10日

そこまで言って言って 野々村直通 たかじんの委員会 H25.2.10

そこまで言って言って言って 野々村直通 たかじんの委員会 H25.2.10

限界に挑戦 ニュースを斬りまくる そこまで言って言って言って委員会

 最近のニュースを次々と取りあげて議論する「時間内にしゃべり切れるのか そこまで言って言って言って委員会」の企画がこのところ多い。先週の「おっさんグランドチャンピオン決定」のような中味の濃い企画は、そういつも簡単にできるものではないということだろう。



★スポーツと体罰について

 大阪桜宮高校バスケット部や女子柔道代表選手のことが問題になっていて、体罰の問題が取り上げられていた。

 体罰の問題は分けて考える必要がある。悪いことをしたときに叩いたりするいわゆる生活指導の行為。スポーツの指導としての行為。これは全然態様が異なるので同列に論じられない。

 そもそも「体罰」という言葉の指すところがはっきりしない気がする。

 部活動の指導にしても高校と中学では全然違う。中学校の部活動で、試合に負けたからとか弱いからとかという理由で、生徒を叩いたりすることはまずないはずである。高校の部活にしても、スポーツに力を入れている強豪校と普通の高校では取り組み方がやはり違うだろう。

 スポーツは勝利至上主義とはいわないまでも勝利を目指して真剣にやるもので、遊び半分でやるものではないという、野々村直通元開星高校野球部監督の話は分かる。人と人とのぶつかり合いという真剣な人間関係の場で、手が出る場面はあり得るという話を、番組後の「辛坊たまらん」で詳しく語っておられる。


★教員の早期退職について

 地方公務員の退職手当減額の条例が施行され、定年の3月末まで勤務するより、1月で退職した方が、受け取る退職手当が100万円程多くなるため、残り二か月を残して退職する教員が一割程度いるという問題。

 国の指針に従って早期に退職手当減額条例を実施した自治体と未だ手つかずの自治体があるというバラツキの問題。

 その時期に実施すれば早期退職者が出ることは予想されるのに、そのように進めた制度設計の問題。

 小学校、中学校の先生はそんな中途半端などころで辞めないのではないかと思う。中学校で担任をしていたら、成績を付けたりしなければならない最後の段階に辞めることなんかできない。早期退職者の内訳は分からんが、閑職の人もいるのだろうし、九割の教員が残ったというのだから、それでいいではないかと思う。





<パネラー>
金美齢、津川雅彦、桂ざこば、野々村直通、加藤清隆、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ


タグ:教育
posted by ナカジー at 16:59 | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

ゲスト栗原弘行(尖閣諸島所有家三男) たかじんの委員会 H24.7.15

ゲスト栗原弘行(尖閣諸島所有家三男) たかじんの委員会 H24.7.15

 先週のたかじんのそこまで言って委員会「熱さで暑さをぶっとばせ 熱いおっさん大賞スペシャル」は面白かったので、番組内で紹介されていた本など調べておきたかったのだが、時間がなくてできなかった。五人もの熱いおっさんが登場していたけど、いずれも興味深い内容で、それぞれの話をもっと長く聞きたかった。ゲストを三人ぐらいにして、もう少し長く話してもらえばどうなのだろうか。


今週の放送も内容が充実していた。取り上げられていたテーマは三つ。
1.俳優が政治的発言をすることについて。ゲスト山本太郎(俳優)
2.大津いじめ中2自殺問題
3.尖閣諸島所有者弟を招いて。ゲスト栗原弘行(尖閣諸島所有家三男)


★大津いじめ中2自殺問題
 勝谷誠彦と宮崎哲弥は過去の事件にも詳しく、東京中野富士見中のいじめ自殺を紹介していた。「葬式ごっこ」と聞いて、なるほどそういう事件があったと思い出した。
 二人の説明による事件の概要と比較すると、今回の大津いじめ中2自殺問題も同様の対処がされてしかるべきと思われた。学校が「聖域」や「ブラックボックス」になってはいけない、当時から何も進歩していないという意見は同感。
【送料無料】葬式ごっこ [ 朝日新聞社 ]


★尖閣諸島所有者親族の話
 当事者から直接話を聞くことができるのが、この番組のいいところ。たかじんの委員会ならではである。






<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、勝谷誠彦、宮崎哲弥、竹田恒泰、山口もえ

<ゲスト>
栗原弘行(尖閣諸島所有家三男)
山本太郎(俳優)

posted by ナカジー at 18:03 | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

教育行政を考える 安倍晋三・寺脇研 たかじんの委員会 H24.2.5

日本の教育行政を考える 安倍晋三・寺脇研 たかじんの委員会 H24.2.5

 やしきたかじん委員長が病気治療のため自身の番組を休養するというニュースをネットで見た。「たかじんのそこまで言って委員会」はどうなるのだろうと心配していたが、中断中止という案内はなかった。しばらくたかじん委員長抜きで番組を継続するものだろうか。

 この番組に限っていえば、パネラーがほとんどしゃべっているので、やしきたかじん委員長が休んでもしばらく番組は成り立つとはいえそうだ。

新しい日本の歴史―こんな教科書で学びたい



 さて、今日の放送は休養発表前の収録である。まず、教育委員会、日教組、教育基本法など戦後日本の教育行政について議論。

 辛坊治郎や三宅先生も言っていたが、ゲスト寺脇研は確かに良く番組に出てきたといえる。ゆとり教育について今日も集中砲火を浴びていた。寺脇研は金さんの質問に答えて、ゆとり教育については責任を感じていると言っていた。
 
 なるほど、そうだったのか。それは初めて聞いた。

 寺脇研は旗振り役だったから責任はあるだろうけど、文部省には他にも責任を取るべき人物はいるだろう。文部大臣はどう。それが曖昧になるのが、お役所の仕事の困るところ。

 小中学校教育が実験台になってはいけないというパネラーの発言があったけど、「ゆとり教育」は文部省が主導した大規模な実験だったというべきである。

体制維新ー大阪都

 国歌国旗については、学校の入学式や卒業式で国歌斉唱、国旗掲揚を行うのは当たり前で、教職員は当然起立すべき。教育基本条例で焦点になるのは、国歌国旗だけなのかな。日教組が批判しているのが国歌国旗のことだけなら、断乎として日教組の主張をつぶせばいい。


【送料無料】父・金正日と私 金正男独占告白 五味洋治著

 朝鮮学校への資金援助や授業料無償化は論外である。朝鮮総連幹部がキムジョンウンに忠誠を誓う集会のビデオがVTRで紹介されていた。こういう実態があるにも拘わらず、民主党政権はうやむやにしてしまうのかもしれない。







<パネラー>
三宅久之、金 美齢、中山成彬、桂ざこば、李 英和、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ

<ゲスト>
安倍晋三(第90代内閣総理大臣)
寺脇 研(元文部科学省審議官)


posted by ナカジー at 16:26 | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

子供たちの未来を考えるSP たかじんの委員会 H23.9.4

子供たちの未来を考えるSP たかじんの委員会 H23.9.4

教育は今のままで委員会 熱血先生の教育論プレゼンショー
子供たちの未来を考えるスペシャル

 下地敏雄
下地先生のお母さま、大丈夫ですよ

 ゆとり教育だの総合学習だの生きる力だのと訳の分からない方針を捻り出してくるのは文部省である。学校現場は、また何やら面倒なものが降りてきたと思いながら、その対応に振り回されるだけ。

 学校現場は、今村克彦の言っていた通り。総合学習に取り組めというから、川の源流をテーマにして調べにいこうとしても、予算もないし自治体はバスを貸してくれるわけでもない。川の源流調査なんかで町はバスを出さないのである。与えられた学校環境の中で取り組めることなんか限られている。文部省は学校現場のことなんか考慮に入れてないのだから、文部省の言うことなど真剣に対応する必要なない。文部省は教育方針を出すという、自分たちの役所の仕事をしているだけ。

 今村克彦
くたばれ学校 ある教師の24年間の叫び


 武田教授が言うように、一般の人間は取り柄なんかない、取り柄のないのが立派なことである。だから、義務教育では読み・書き・算盤を徹底すれば良い。その意味では知識偏重の詰込教育で十分である。


 BE FREE!

 江川達也が言っていた、学校教育は軍事教練という意見は当たっていると思う。運動会でサバイバルゲームというのは余り面白そうではないが、学校教育は基本的に集団活動である。

 江川達也×山田玲司
学校嫌い 狂った教育から解放されるために


 武田教授の本は普段から読んでいるので、東北の産品を食べてはいけないという意見は了解できる。理由を聞けばわかることで、今村代表はそんなに目くじらを立てなくても。混乱を招くいい加減な対応をしているのは、政府の方である。ただ、今村代表が怒るのを見て、やはり元学校の先生らしい怒り方かなあとは思った。







<パネラー>
三宅久之、所功、武田邦彦、桂ざこば、勝谷誠彦、江川達也、宮崎哲弥、笛木優子

<ゲスト>
寺脇研(京都造形芸術大学教授 元文部科学省審議官)
下地敏雄(福岡県久留米市立中学校 国語科教諭)
今村克彦(京都府小学校元教諭 関西京都今村組最高顧問)
posted by ナカジー at 17:31 | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

たかじんのそこまで言って委員会 H20.10.12

たかじんのそこまで言って委員会 H20.10.12

 前回の放送の後、二回放送がなく久し振りの「そこまで言って委員会」である。「そこまで言って委員会」は筆者が唯一の楽しみとする番組である。「たけしのTVタックル」や「朝ナマ」はテレビ朝日系列で筆者の住む地方では入らない。ケーブルテレビを引けば見られるのだが、今の日本で民放を見るために料金が必要というのがいくら田舎とはいえ面白くない。

 ナイターでさえ中継がほとんどなくなった巨人戦のしかも昔は考えられなかった日曜のデーゲームやら、マラソンやらその他特別番組やらで、「委員会」を中止にするのは本当に止めてほしい。

 「たかじんのそこまで言って委員会」 は今週から秋田と静岡でも放送されるということで、放送エリアの地図を見ると西の方は福井と沖縄だけが放送されていない。沖縄は特別の事情で放送にならないことも考えられるが、福井は日本テレビ系列の局もあるだろうに放送がないのは不思議だ。隣県の電波が届くのか、あまり関心をもたれないのか、何か業界の事情でもあるのだろうか。
 静岡の東は箱根の関を越えて関東圏になるので放映はないだろう。東北がこれまでの宮城一県に新たに秋田が加わる。東北の残りの県が今後どうするのか知らないが、関東人には見せないという包囲網ができつつあるようで本当に変わった番組だと思う。
 
 今日のゲストは二つ目のテーマで登場した石井昌浩氏。日本教育再生機構の副理事長で元・東京国立市教育長である。

 日本教育再生機構は日本の教育再生の国民運動を目指す民間組織だが、まだ実績もなくこれからという団体である。宮崎哲哉が、「新しい歴史教科書をつくる会」を発展的に解消してできた団体ですねと言っていたが、細かいことを言うと「つくる会」から分かれた人たちが中心になって作った全く別の組織で、理事長は八木秀次高崎経済大学教授である。「つくる会」はごたごたで勢いがなくなったが、現在も規模が縮小しながらも存在している。「再生機構」もどれだけ成果が上げられるだろうか、今は「教科書改善シンポジウム」などの活動をしているようだが、いずれにしても是非頑張って貰いたいとは思う。
 
 実は、石井氏自身は国立市の小学校の卒業式で国旗掲揚を巡って起きた「校長土下座要求事件」の当時の教育長だった。それが、三宅先生の事件概要の説明とやりとりの中で明らかにされ、事件を知る当事者の発言は意味のあることであった。
 「学校が泣いている―文教都市国立からのレポート


 ひとつ目の「麻生対小沢」のテーマでは、10月衆議院解散、11月総選挙の日程がやしき委員長によって確認され、鴻池官房副長官が手帳にメモすると言っていた。
 そうか、でも11月16日は仏滅なので選挙はないのか。


<パネラー>
三宅久之、鴻池祥肇、田嶋陽子、花田紀凱、勝谷誠彦、福山哲郎、宮崎哲弥、山口もえ

<ゲスト>
石井昌浩(日本教育再生機構副理事長、元・東京国立市教育長)

posted by ナカジー at 13:24 | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。