2013年01月28日

日米安全保障スペシャル たかじんの委員会 H25.1.27

日米安全保障スペシャル たかじんの委員会 H25.1.27

日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災



アルジェリア人質事件
 アルジェリア人質事件では、日本人が10人も死亡するという痛ましい結末を迎えた。第二次大戦後の日本人が、戦場にも似た状況の中に置かれ、銃弾に撃たれたり爆弾の爆発に斃れたりするということは、全く想像できないことであった。日本国内がいかに平和であっても、一歩国外に出てそこが紛争地域であれば、現地の住民がそうであるように日本人も否応なしに紛争に巻き込まれてしまう。日本国内では考えられないけど、世界には銃や爆弾による戦闘が起きている現実が改めて認識させられる。


自衛隊から国防軍へ
 憲法を素直に読めば自衛隊は違憲である。国軍を想定して憲法を作ったのであればこんなことになるはずがない。憲法に欠陥があることは明らかである。
 自衛隊は客観的に見れば軍隊なのだから「軍」という呼称にすればいい。正式な名称はともかく、日本海軍、日本陸軍、日本空軍と呼べるようにしてもらいたいものだ。国防軍とか何とかいうと、また批判をかわすために新たな呼称を用いたかのような印象を受ける。
 実質的な軍隊は軍と認め、その上で法律でしっかりと統制をかける。自衛隊法の改正とか何とか言っているけど、どうしていつまでもこんな単純なことが前に進まないのだろう。


日米安保と日米同盟
 「日米安保」と「日米同盟」は概念が異なる気がするのだけど。歴史の時間に「日米安保」は学ぶけれど、「日米同盟」は聞いたことがない。いつのまにか「日米同盟」という用語を良く耳にするようになってしまった。

 日米安全保障条約があるから日本国内に米軍の基地がある。戦前の日本に外国の基地などあるはずがなかった。もし日本が大東亜戦争に勝っていれば、国内に米軍基地が存在することは当然なかった。そもそも独立国の中に外国の基地があるというのは正常な姿ではない。一体いつまでこんな状態を続けるのかという話。

 現在の日米安全保障条約と異なる安保体制になっても、「日米同盟」というのはあり得る。つまり日本国内に米軍基地がなくても、「日米同盟」はあり得るはずである。


尖閣諸島への公務員常駐
 パネラーは今すぐ公務員を常駐させなくてもという意見が多かったようである。ところがケビン・メアは、七月の参院選まで待っていると、尖閣が中国に取られるかもしれないと発言していた。その根拠を聞いてみたかったが、アメリカ人であるケビン・メアの方が危機感があるということか。

 尖閣諸島に日本の漁民が近づけなくなっていると惠龍之介が言っていた。中国の漁船が体当たりするとか、中国の監視船が妨害するとかいうことであった。こういう情報は今回初めて聞いた。一体日々のニュースは何を流しているのだろうかと思う。


誰も語れなかった沖縄の真実 ――新・沖縄ノート





<パネラー>
津川雅彦、田嶋陽子、桂ざこば、加藤清隆、勝谷誠彦、宮崎哲弥、井上和彦、桜林美佐

<ゲスト>
恵隆之介(元海上自衛官士官)
ケビン・メア(元アメリカ国務省日本部長)
佐藤正久(防衛大臣政務官)


タグ:日米安保
posted by ナカジー at 17:47 | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

日本の危機管理を考えるSP たかじんの委員会 H24.2.12

日本の危機管理を考えるSP たかじんの委員会 H24.2.12

 今回の放送からやしきたかじん委員長が病気治療のため休養。番組はできるだろうけど、その影響はいかに。

【送料無料】北朝鮮と戦わば

★防衛問題

 防衛大臣は重要なポストだと思うので、やはり国防によく通じた人を配置してもらいたい。適当と言っては失礼かもしれないが、誰を置いても同じと判断されているようなポストでは困る。そういう気配が感じられるところに、内閣の国防に対する姿勢が表れている。

 中国人が、きれいな水を求めて日本国内の水源地を買い漁っていることは聞いていたが、同様の事態が米軍や自衛隊の基地周辺でも起こっているらしい。国防の要である基地周辺の土地が、中国人など外国人の所有になってはまずいだろう。どうしてそんなことを易々と許してしまうのかと思う。
 土地の売買は基本的に自由なので、これを規制しようとすると、法律だとか何だとかまた面倒な事態が起きてきて、後手後手になるのだろう。でも、そんなことを言っている場合ではない。


【送料無料】〈図解〉萌える自衛隊国民のための防衛白書


★地震予知
 4年以内に首都圏で巨大地震が起きる確率は70パーセントと最近報道されていた。しかし、これは学者個人の見解であって、東大地震研究所の見解ではないという。何とも分かりにくいことである。しかも反響が大きかったせいなのか、大分下方修正された見解に変わっているらしい。
 結論からいうと、地震がいつ起きるかは分からない、起きたときのための備えをしておくということになるようだ。


【送料無料選択可!】緊急警告いま注意すべき大地震 地殻・マグマ・噴火からの日本総点検 (青春...




<パネラー>
三宅久之、志方俊之、田嶋陽子、飯島勲、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥、夏川 純

<ゲスト>
木村政昭(琉球大学名誉教授)
ロバート・ゲラー(東京大学教授)
井上和彦(軍事ジャーナリスト)



posted by ナカジー at 06:54 | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

国防と自衛隊・田母神前航空幕僚長 たかじんの委員会 H20.11.30

国防と自衛隊・田母神前航空幕僚長 たかじんの委員会 H20.11.30

 田母神俊雄前航空幕僚長が国会参考人招致後、初めてテレビに出演した。

 今回のパネラー初登場
 原和美・新社会党副委員長、元神戸市議会議員。
 新社会党は村山内閣の時に、自衛隊を認めたことをよしとせず、社会党から分かれて新たに結成した政党とのこと。
 9条ネットを作って選挙に出た時に、鈴木邦男も応援に行ったそうだ。

 天木直人・元駐レバノン特命全権大使、作家
 03年イラク戦争に反対し、外務省を実質的に解雇処分となる。信条「憲法9条こそ最強の安全保障政策」。この人も9条ネットから出馬したらしい。

<日本の国益を守るのは、田母神論文か、村山談話か>

 三宅先生がいう村山談話の性格は忘れてはいけないと思う。
 村山談話は自民党が下野したときに政権に返り咲くために生まれた。自民党は、細川連立内閣からはじき出された社会党と連立を組んだ。社会党は幹事長ら左派的勢力が社会党の存在感を出すために、謝罪決議を国会決議でしようとした、しかし反対が多かったので、閣議決定でやった。閣議決定は国会決議より強い。

天木直人
・日本はポツダム宣言を受諾して、東京裁判で判決を受け入れた。(村山談話は当然)

宮崎哲弥
・日本は、明文化された日中共同声明でもう反省している。1972年に終っているのに、いつまで謝らなければならないのか。

 宮崎哲弥の問に答えて、三島由紀夫の決起のときは入隊前年でノンポリだった、猪木防衛大校長や中曽根長官らが強く非難していたので、そうかと思っていたと田母神前航空幕僚長がいう。

宮崎哲弥
・三島由紀夫の檄文に、このままでは自衛隊はアメリカの傭兵になると言っている。その提言を左派も右派もきちんと受け止めていれば今回の田母神氏の主張はなくて済んだのではないか。

鈴木邦男
・三島由紀夫と森田必勝の慰霊祭で、田母神氏の主張は三島由紀夫の声という人が多い。

原和美
・田母神氏の主張は、公務員の憲法遵守義務に違反する。

 天木直人が同意。(根拠としてポツダム宣言を持ち出す)
 宮崎哲弥、勝谷誠彦、井上和彦らが憲法のどこに違反しているかと激しく追及し、議論が紛糾する。


 さらに二人のゲストが登場
 松島悠佐・陸自元中部方面総監
 川村純彦・海自元海将補

<自衛隊は軍隊か>
松島悠佐
・(阪神大震災の際)準備はしていた。(選択肢のひとつとして)自主的に行っていいことにはなっていた。しかし、当時自衛隊が自分で出ていくことには抵抗感が強かった。

原和美
・ここでの議論は、武力攻撃を受けるという前提になっている。武力による戦いをせずに(話し合いで)解決することが大切である。

…紛糾…

勝谷誠彦
・インドのムンバイの事件のように、もしテロリストが来た時は治安出動になるのか。

松島悠佐
・まず警察が対処する。手に負えなくなったら自衛隊に要請が来る、しかしその時はもう手遅れ。

川村純彦
・警察は三権の範囲の中。軍隊は三権の外にあってそれを侵害するものを廃除する。軍は暴力を使っていい、助けるためにはあらゆることをやっていい、これは国際法で認められている。

宮崎哲弥
・日本国憲法では認められていない。交戦権を認められていない軍隊は世界にない。

桂ざこば
・自衛隊は実地にやったことがない、実際の戦いで負けるのではないか、その精神面はどうか。

川村純彦
・誇れる国であることが精神的な支柱である。それを否定されたら戦えない。しかし実戦的な訓練はやっている。

松島悠佐
・自衛隊は戦えますよ。

 ナレーション
 自衛隊の活動は幾度も議論が行われ「憲法解釈」や「特措法」でくぐり抜けてきた。自衛隊を否定する憲法によって自衛隊の活動が縛られ、戦力を保持する自衛隊の存在が憲法を有名無実化する。このパラドックスが日本の国防を妨げ、国益を損ねているとしたら、この国の自国を守るという理念はどこにあるのか。

<日本と国民を守るための妨げとなっているものは>

田母神俊雄
・本当は自前で国を守れるようにするのがいい。しかし、自衛隊が大きくなったら日本は侵略するのではないかと思っている国民が多く、怖がっている。
・世界の軍隊は、国際法で条約と慣習法で動く。やってはいけないことだけ決まっていて、他は何でもできる。日本は自衛隊法に根拠があって、やっていいことしかできない根拠規定になっている。

宮崎哲弥
・憲法に軍隊とは何かについて書かなければ、(下位の規定で)規制する根拠がない。
(下位の規制が多く本末転倒になっている。)

田母神俊雄
・シビリアンコントロールは日本では米英と違うものになっている。防衛省には内局があって、細かく自衛隊の動きを監視している。北朝鮮や中国に近い。

川村純彦
・防衛庁は自衛隊管理庁だった。

松島悠佐
・(シビリアンコントロールは)元々は政治が軍事の上位にあるという概念である。それが(管理の方向に)意識づけられていく。

辛坊治郎
・スーツ組に対して、制服組は怒りがあるのか。

三人
・あるでしょうね。


川村純彦、田母神俊雄
・自衛隊が戦う体制を取っていれば戦争にはならない。それが抑止。

松島悠佐
・憲法は国の基本の法律。自分の国はどうやって守るか、何も書いてない。我が国は自衛権を保持する、そのために軍を持つと、それ位は書かないと独立国の憲法ではない。

天木直人
・自主防衛と軍隊を持つことは全然別のこと。憲法9条こそ最強の安全保障政策である。

…紛糾…

核について

川村純彦
・同盟に頼ることは危険。同盟は平和を守り、安全を保障してくれるが、運命までは一緒にしてくれない。最後の手段としてどうするか、この問題はしっかり考えねばならない。
 中国は海南島に原潜基地を作った。これからこの付近の海域が不安定になると思う。

松島悠佐
・日本の核政策がどこにも書いてない。防衛計画の大綱にある、ひとつは国際的に核廃絶のリーダーとなる。二つ目は、核の抑止力はアメリカの核に依存する。で、しかも(非核三原則で)アメリカの核は持ち込ませない。これで皆が納得している、納得しているような顔をしている(のはおかしい)。

川村純彦
・北の核の抑止力のためには、置いておく必要がある。
辛坊アナの質問に答えて
・アメリカが核を持ち込んでいるかどうかは分からない、アメリカが明言していない。

田母神前航空幕僚長の論文問題に関して

川村純彦
・心配するのは、これを機に自衛隊の中の教育と言論を調査する、これはスターリンや毛沢東の軍隊である。政治将校を配置して、思想を取り締まる、こういう軍隊になる。その始まりにならないかを恐れる。

原和美
・政府の公式見解を自衛隊も学ぶことは大事だと思う。

川村純彦
・(村山談話が)現政府の公式見解とは言うが、国民の本当の認識なのか、歴史的に検証が行われた正しい認識であるかについての問題は残る。


 人それぞれの立場や環境での考えがあることがよく分かる。日頃自衛隊関係者の言葉を聞くことはないので、その生の声を聞くことができたのはとても良かった。自衛隊関係者はもっと議論の場に出て、意見を伝えることが必要ではないかと思う。そのためにメディアはそういう場をもっと作ることが重要だと思う。


<パネラー>
三宅久之、鈴木邦男、天木直人、桂ざこば、原和美、勝谷誠彦、宮崎哲弥、井上和彦(軍事ジャーナリスト)
<ゲスト>
田母神俊雄(航空自衛隊前航空幕僚長)
松島悠佐(陸上自衛隊元中部方面総監)
川村純彦(海上自衛隊元海将補)
posted by ナカジー at 00:00 | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

たかじんのそこまで言って委員会 ゲスト恵隆之介 H20.11.9

たかじんのそこまで言って委員会 ゲスト恵隆之介 H20.11.9

 ひとつ目のテーマは、田母神俊雄航空幕僚長の論文問題を巡って

 田母神俊雄航空幕僚長(空自のトップ)が、その懸賞論文の主張が政府の公式見解と異なるとして、更迭された。
 田母神氏の伝えたいことは、戦後教育による侵略国家という呪縛が国民の自信を喪失させ、自衛隊の士気を低下させ、国家安全保障体制を損ねている。つまり過去の戦争の贖罪意識が自衛官の誇りを奪うのではないか、ということ。

 田母神前航空幕僚長に番組への出演依頼をしたところ、出演の約束を得たが、その後国会招致が決まったため、それが終わるまで出られない、国会招致後必ず出るとの返事をもらった旨、辛坊氏よりお知らせ。

<大東亜戦争に関する認識>
三宅久之
・アメリカに関しては日本が戦争に追い込まれた面はある、しかし中国に対しては侵略といえる、例えば対支21カ条の要求は無茶であり、そこに日本の中国進出の正当性は認められない。

鈴木邦男
・対アメリカについては経済封鎖などで追い詰められて自存自衛のために戦った。しかし、田母神論文のように蒋介石の罠に嵌った、アメリカの罠に嵌ったでは、却って日本の軍人を貶めることにならないか、賢い軍人がいたはずである。

 鈴木邦男の考えには同意できる。戦争をするにあたって日本の主体性があるはず。

本日のゲスト
恵隆之介
 78年防衛大卒、海自入隊、護衛艦隊勤務。82年二等海尉(中尉)で退官。その後、ジャーナリスト活動をしている。
 著書「誰も書かなかった沖縄―被害者史観を超えて

恵隆之介
・(問いに答えて)田母神論文は内規に従い許可を口頭で得ており自衛隊法に抵触しない。
・阪神大震災のとき、松島陸将は内規に従って行動を起こさなかった。私なら出した。
私が海自をやめた理由、昭和55年から57年にかけて日本海は不審船のオンパレードだった。しかし不審船がいてもしかるべき行動をとらない。上部は問題を起こすことを避ける。

<大陸政策>
 恵氏は朝鮮、中国の安定のため満州進出が必要など、大陸政策を肯定。パネラーからはそれは日本の論理であり、植民地にされた国はそうは思わないとの反論あり。

<自衛隊と歴史教育>
恵隆之介
・日本海軍に敬意を表しているアングロサクソンは、今の日本の若い隊員は歴史を知らないと嘆いている。
・平成2年江田島幹部候補生学校において、当時の防大出身の校長が海軍との訣別宣言をして、各教室にあった東郷元帥、佐久間艇長、広瀬中佐の写真を撤去した(公式見解での「撤去事実」は不明とのテロップ)。平成2年に海自の崩壊が始まった。自虐史観に傾いている高級幹部が多い。
・歴史教育は精神教育と戦略教育に繋がる。自虐的な歴史教育では、指揮官の心構えができなくなる。

宮崎哲弥
・海自がアメリカのサブセットになり自律性がなくなっているのは分かる。それに対して隊員の中に不満はあるのか。

恵隆之介
・不満があり、はけ口がないので、自殺とノイローゼが多い。私の同期は腹を切って死んだ。

鈴木邦男
・先程の不審船のことについても、命をかけて不審船を阻止すべきだった。その上で責任を問われてもいいし、腹を切ってもいい、それをしないで自虐史観がどうのこうの言うのは筋違いではないか。国のために命を懸けて守るという気概がなければ自衛隊はいらないのではないか。

<文民統制(シビリアンコントロール)>
三宅久之
・震災があったからと言って部隊が自分の判断で勝手に出動することはできない。知事(文民のトップ)が指示を出す。

恵隆之介
・緊急の場合にどうするのか、必要と判断すればトップの決裁を仰いで出動すればいい。

三宅久之
・決裁を仰ぐ、だから判断するのは知事。

恵隆之介
・文民が判断しきらなかったらどうするか。

 ここで「独断でやっていいでしょう、日本海の不審船も独断でやったらいい。」と鈴木邦男が発言、他の発言と入り混じって明確でないのが惜しい。あくまで文民の判断に従うべきとする大勢の中で先の発言とも繋がる独自の意見である。行動派の一面が出たと思う。崔洋一が「鈴木さん、暴論だ。」

恵隆之介
・カーター大統領が、在韓米軍を撤退させようとしたとき、在韓米軍の司令長官は反対して解任された、司令官も意見は言うべき。

宮崎哲弥
・ならば田母神氏はしかるべき論壇誌に発表すべきだったのではないか。

 今回はゲストの恵氏が自分の主張を全く譲らないため議論が白熱した。
 ただ「自虐史観」という用語の定義が曖昧であるため一部すれ違いがあるように感じたのは、歯がゆかった。


 二つ目のテーマは、オバマ大統領

 気になったのはやはり経済問題。
宮崎哲弥
・アメリカは公共投資をしようとしているがその財源はどこにもない。肩代わりするのは、中国、中東、そして日本。

 アメリカに金を貸して日本は損をするのだろう。

 最後は、麻生内閣が実施を予定する定額給付金について。

 VTRの替歌がよくできていて可笑しい。歌はヒーローソングの水木一郎(マジンガーZを歌う人)。今は著作権管理が厳しくなり、替歌を放送で流せない、この替歌も水木一郎氏の尽力でようやくできた、とのこと。
いろいろな面でだんだん難しくなっている世の中だ、と改めて思う。
大変な苦労をしてでもこういう楽しみを作るこの番組(及びスタッフ)は、偉い。

<パネラー>
三宅久之、屋山太郎、田嶋陽子、鈴木邦男、崔洋一、桂ざこば、宮崎哲弥、羽野晶紀
<ゲスト>
恵隆之介(元海上自衛隊士官)

posted by ナカジー at 22:15 | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。