2009年05月24日

新型インフルエンザその2 外岡立人 たかじんの委員会 H21.5.24

新型インフルエンザその2 外岡立人 たかじんの委員会 H21.5.24

 初めのテーマは新型インフルエンザ第2弾

ゲスト 外岡立人(元小樽市保健所長)
新型インフルエンザ・クライシス
パンデミック追跡者(第1巻)
パンデミック追跡者(第2巻)

 マスクにインフルエンザ予防の医科学的根拠はないと述べたことに対して、辛坊さんの番組や外岡さんに対して視聴者から抗議があった。しかし、厚生労働省もマスクはインフルエンザにかかった人が周囲に広めないためにするものだと認めるなど、だんだん変わってきている。マスコミも良く分かっていないので、そのときの主流によって論調が変わってくる。

 もともと今回のインフルエンザを新型インフルエンザの分類に入れたのが問題だったのではないか。

 毒性が弱くてもパンデミックのインフルエンザの可能性が強いと発生当初は思っていた。米国もそう思ったと思う。

 飛沫感染と言っているが本当は接触感染である。ウイルスは空気中を飛んでいない。どこかに付いた飛沫が手を介してうつる。だから欧米では手を洗う。30秒位きちんと洗う(日本では洗うといっても5〜6秒)。欧米では外出したら頻繁に手を洗う。
 しっかり洗えば消毒液は不要だが、消毒液は効くのではないか。今のインフルエンザはウイルスはそんなにいないから心配ない。飛沫の中のウイルスは数時間は生きている。

 元々の鳥インフルエンザが豚に感染したから豚インフルエンザと呼ばれている。2年前に発生した馬インフルエンザは人のウイルスにならない。鳥と豚のウイルス、特にブタがより人間に近い。犬のウイルスは余り人に感染しない。

 感染力の強さと毒性は関係ない。新型インフルエンザにもピンからキリまである。それに応じて対策を講じておくべき。日本は最悪の場合の対処をしている。臨機応変にできるのならいいが、日本はそれが不得意である。

 水際作戦について。100%防ぎとめることはできない。

 ウイルスの変異について。ウイルスの遺伝子の組み換えはいろいろな可能性がある。タミフル耐性を得る可能性もある。だから、WHOは普通の患者にタミフルは使わないでくれ、耐性になったら困る、将来必要になったときに足りなくなるからと言っている。一方日本では早めに薬を飲んだら治ると言って矛盾している。
 欧米の医学書は薬を使えとは書いていない。日本は基本的に薬を使う。

 ワクチンは必要である。今のウイルスが生きている限り変異する可能性があるから危険である。だから、WHOはワクチンで撲滅しようとする。ウイルスが多少変異してもワクチンは効くと思われる。
 このインフルエンザにかかった人は、これにはしばらくはかからない。

 1957年以前に生まれた人に免疫があるということは、かつて似たようなものがあったのではないか。
 スペイン風邪のときも高齢者はかからなかった。1890年以前に生まれた人がかからないのは、その前にあったのではないか。最近の東南アジアのH5N1型鳥インフルエンザも高齢者はかかっていない。

 新型インフルエンザはこれからも続く話なので、もっと先を見据えて対策を立てて一般社会に発表していく必要がある。

 大阪府は臨時休校をしていた学校を明日(月曜日)から再開することについて。状況を見て臨機応変に変えるのは良い。

やしきたかじん、辛坊治郎
<パネラー>
三宅久之、金美齢、花田紀凱、桂ざこば、原口一博、勝谷誠彦、宮崎哲弥、磯山さやか
<ゲスト>
外岡立人(元小樽市保健所長)
posted by ナカジー at 20:31 | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

新型インフルエンザ 外岡立人 たかじんの委員会 H21.5.10

新型インフルエンザ 外岡立人 たかじんの委員会 H21.5.10

本日のテーマは新型インフルエンザ

ゲスト 外岡立人(元小樽市保健所長)
新型インフルエンザ・クライシス
パンデミック追跡者(第1巻)
パンデミック追跡者(第2巻)

 インフルエンザは遺伝子組換えでいじられている、生物兵器になる可能性が全くないとはいえない。

 新型インフルエンザは今は弱毒性だが感染していく間に強毒性になることはあり得る。今用意するワクチンはウイルスが強毒性に変異したら効かない。

 新型インフルエンザは何故人によって症状が違うのか。今回の新型インフルエンザで亡くなった人はごく稀である。冬場の季節性インフルエンザより致死率は低い可能性がある。カナダやイギリスの医者は患者に家で休養するようにという通常のインフルエンザと同様の処方をしている。日本では今、犯人を捕まえるような雰囲気がある。

 メキシコなどの例では60歳以上の高齢者が感染していない。以前今回の新型インフルエンザが豚の間で流行り、高齢者はそれに感染して免疫ができているのではないか。

 WHOはメキシコの今回の事例を詳しく調査すべきである。

 日本の高齢者に免疫があるかどうかは分からない。

 マスクが感染の予防に役立つという科学的な根拠は出ていない。マスクは感染した人がして感染を広めないためにある。

 季節性のインフルエンザのワクチンは今度の新型インフルエンザには効かない。ブタのH1N1型と人間のH1N1型は分かれてから相当の年月を経ているみたいで効かない。だからソ連型インフルエンザの検査キットでは引っ掛からない。

 新型インフルエンザは今後北半球では夏になるので失速する。夏場にインフルエンザが流行したことがない。

 インフルエンザが湿気に弱いと言われているが、湿気に弱いかは分からない。インドやインドネシアでモンスーンの季節に流行ってみたり、よく分かっていない部分がある。

 今後高病原性インフルエンザがパンデミックを起こすか。自然のままなら定期的に来たと思うが、今はワクチンや抗インフルエンザ剤を使うなどいろいろ対策をしているので、分からない。インフルエンザウイルスに定期的にパンデミックスを起こす習性がなくなるかも分からない。

 タミフル耐性について。今回の新型インフルエンザとソ連型H1N1が一人の人間に感染してウイルスが遺伝子交換をする、そうするとタミフルが効かなくなる可能性があるし、もう起きているかもしれない。ただし、今回は症状が余り重くないことが助けになる。

 秋になってどういうウイルスになって広まるかが問題である。ウイルスの情報をしっかり分析して対策を立てることが必要。

 季節性のインフルエンザでも毎年一万人の高齢者が亡くなっている。

 重要なのは新型インフルエンザが危険なのか、どういう性格を持っているのか、毎日政府が発表しなければならない。今はあらかじめ決められた行動計画どおりに進めているだけで、ウイルスの実態を把握していない。突然空港で完全防備の人が現れて、国民は何が起こっているのか分からない。オバマ大統領の発表は周りの専門家がしっかり支えているから。日本にも国立感染症研究所の専門家がいるのだが。

 インフルエンザ予防に手洗いは有効。しかし、うがいを予防対策としている国は日本以外にはない。外国の医学用語にうがいはない。ウイルスは10分間で粘膜から入る。マスクやうがいを予防対策としているのは一種の迷信である。


やしきたかじん、辛坊治郎
<パネラー>
三宅久之、田嶋陽子、鈴木邦男、桂ざこば、河村たかし、勝谷誠彦、宮崎哲弥、岡江美希
<ゲスト>
外岡立人(元小樽市保健所長)

posted by ナカジー at 00:00 | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。